ゲーム

サブウェポン使わないとスプラトゥーンは勝てない 相手の動きを読む&牽制をしよう

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. ニンテンドースイッチのスプラトゥーン2を持っている
  2. インターネット対戦でなかなか勝てない、ウデマエが上がらない
  3. サブウェポンの使い方がいまいち良く分からない

今回はニンテンドースイッチで発売中の「スプラトゥーン2」に関して、サブウェポンをあまり使っていない方向けに、サブウェポンの重要性と使い方を詳しくご紹介したいと思います。

管理人mogの実力、現在S+6前後(最高S+9)を彷徨っている感じ

最高ランク「ウデマエX」を目指して、日々トレーニング中...苦笑

mog自身、前作のWii U「スプラトゥーン」からやっている経験者(前作は最高ランクS+の前半組)になるので、そこそこ出来る方だと自分では思っているのですが...苦笑。

スプラトゥーン2を購入した直後(2017年8月)はウデマエXという要素もなく、S+内で超上級者も一緒にランクマッチしていた&S+1以上でゲージが割れると容赦無くS+0に戻されるという中々の鬼仕様だった為、S+3まで上がったのを最後にしばらく他ゲーム(マリオオデッセイとかマリオカートとか...)に取り組んでいました。

で、最近マリオカート関連が落ち着いてきたので、ここで再度スプラトゥーン2に取り組む事に。

ここ2週間くらい集中して取り組んだ結果、S+1前後だった腕前を下記ウデマエまでランクアップする事に成功♪

最高でガチエリアのS+9までランクアップする事が出来ました。

が、実はこの後割れてしまって...泣。

ウデマエX(S+9の次がウデマエX)を目前にして目標未達となってしまいました...

S+0になってからが本当に長い...飛び級1度でもするかなと思ったのですが、S+台は本当に1段1段...C-から始まり、多少飛び級しながら下記のような流れで最後跳ね返されてしまいました。

  • C+、B-、B、B+、A-、A、A+、S、S+0、S+1、S+2、S+3、S+4、S+5、S+6、S+7、S+8、S+9(最高ランク)、X(未達)

いや、S+長すぎでしょ(苦笑)。

もちろん実力も必要ですが、そもそも結構時間がかかる...汗。

昼間仕事&夜はブログと中々時間が取れない中ぼちぼち頑張って行きます。ウデマエX達成したらまた別記事でご紹介したいと思います。達成出来るかな...汗。

サブウェポンを使わないと、おそらくSランク以上は対応不可

で、スプラトゥーンの重要な要素として「サブウェポン」というのがありますよね。

  • メイン攻撃:水てっぽう(ブキによる)のように攻撃(インク消費:小)
  • サブ攻撃:ボムやシールドなど、ブキによって特殊な攻撃や補助を発動(インク消費:大)
  • スペシャル:スペシャルゲージ(インクで塗ると溜まる)が溜まったら発動可能(インク消費はなく時間)

スプラトゥーンは上記3つに分類されて、シューターの場合ですが普段は水てっぽうみたいなもので地面を塗ったり、相手を攻撃して倒したり...

そして初心者の方があんまり重要視していない&利用していないのが「サブ攻撃」「サブウェポン」です。

例えばキューバンボムというサブを一度発動させると、ギアを積んでいない状態だとインクゲージが7割近くなくなり、2発目は発動出来ずメイン攻撃もすぐにインク切れになるので初心者の方には中々使いづらいかと...mog自身もスプラトゥーン初代の最初の頃はそうだったので...

でも、スプラトゥーンで上位・勝ち上がるにはサブウェポンは本当に必須。使う頻度を考えるとスペシャルよりも重要です。

じゃあこのサブウェポン、何が重要なのか?どうやって使っていけばいいのかを解説していきます。

サブウェポンは何にすれば良い?初心者はボム系をお勧め

攻撃&牽制に利用できるボムをまずは使いこなそう

サブウェポンは先ほど紹介した通り、比較的インク消費量が多いのが特徴です。

種類も色々あり、思いついた限りで箇条書きで書き出してみると下記のような感じになるかと。

  • ボム系(攻撃、着地後2秒前後?経過と爆発する、クイックボムのみ着地時直に爆発)
  • スプリンクラー(塗り、水やりのスプリンクラーみたいなイメージ)
  • シールド(前にシールドを張ってインク攻撃を防御)
  • 毒:ポイズン(相手の動きを鈍く・インクを消耗させる)
  • トラップ(上を歩くと爆発&センサーで検知される)
  • ポイントセンサー(センサーで検知される、イカ等で隠れて居てもバレる)
  • ビーコン(ビーコンが置いている場所にジャンプで移動する事が可能)

色々あって良く分からない...何を使ったらいいのか分からない...という方も多いかと思います。

が、初心者の方はとりあえず「ボム系」を選択しましょう。それがわかりやすいです。

mog自身はボム系やシールド(前作の52ガロン)が好きなのですが、対戦の内容によっては塗りをメインにするのか、チームプレー重視でセンサーで相手位置をわかるようにしたり、ビーコンをたくさん配置して好きな場所に飛べるようにしたり...

まぁ色々ありますが、最初はわかりやすいボムで進めましょう。イメージは水てっぽうと手榴弾(時間性)といったイメージを持っていただければわかりやすいかと。

お勧めブキは「スプラシューター系」か「N-ZAP系」に付いているスプラッシュボム&キューバンボム

ではこのボム系、どのブキのものを利用すればいいんだろうか...となりますが、ブキ性能やスペシャル性能を考えて下記のようなシューター系(てっぽう系)のブキがお勧め♪

  • N-ZAP85(キューバンボム)
  • スプラシューター(クイックボム)
  • スプラシューターコラボ(スプラッシュボム)

まぁこちらのブキは鉄板ですね。

利用している人もものすごく多いです。ローラーなどでもいいのですが、やはり初心者の方にはちょっと厳しいかと...

ちなみにmog自身現在メインブキはN-ZAP85、いわゆる黒ザップと言われるブキでS+9まで達成しています。

使っている人が大い=使いやすいんですよね。

  • 塗りが早い(インクの出が早い)しインク消費量も少ない
  • ブキが軽いので歩きも早い
  • キューバンボムが利用可能
  • スペシャルは味方全員を保護するインクアーマー

といった感じで、どのステージ・どのランクマッチ(ナワバリでもガチマッチでも、ホコ・ヤグラ・エリア・アサリ全て)でもこのN-ZAP85を利用しています。

インク効率アップ(サブ)のギアを一つ(メインに)はつけておこう

サブウェポンは先ほど記載した通りインクの消費量がかなり激しいです。

上級者・上手い人はインク切れに対してうまく対応しているのですが、初心者の方はすぐにインク切れを起こしてしまいます。

なので、ブキや防具のメインギアに一つは「インク効率アップ(サブ)」をつけておきましょう。

ちなみにmogの搭載ギアは下記の通り。

こちらのギアであれば、キューバンボムを1個投げて少しインク回復→もう1個キューバンボム投下といった形で実質2つ投げる事が出来るようになります。

また1つだけキューバンボムを投げた後、N-ZAP85であれば半分近く残ったインクタンクでたっぷり濡れる&相手を攻撃する事が出来ますよ♪

サブウェポン(ボム系)の上手な使い方

相手がイカ(タコ)で登ってきそうな所・居そうな所をあらかじめ把握

ではここからはサブウェポンのボムに関して、実戦ではどうやって使っていくかを紹介していきたいと思います。

まずやる事ですが、今から対戦で利用するステージを一通りみてみましょう。これが結構大事。

ステージ毎に色々違いますが、どのステージも相手が潜んでいる&好んで移動してくる場所って大抵決まっています。

分からなかったら、自分がどのようにインクを塗ってステージ内を進んだり潜伏したりしているかをイメージしてみましょう。知らず知らずの内に特定場所へいつも向かっていませんか?(苦笑)

相手の人も一緒です、mog自身もそうです。そしてその特定場所ってだいたい皆同じなんですよね。例えば下記昆布トラックの場所など...

ここは味方陣地の左側の高台付近、壁があるので防御にもなっていて相手の攻撃を受けないですよね。という事で、下記のような感じでボムを投げると...

もう少し右側に投げると潜伏先に直撃させる事も可能♪

あとは左手の高台。ここもよく強塗りブキが陣取ってるので...

といった感じで、潜伏先や敵が良く居る場所ってステージ毎に決まっているので、まずはステージを良く知る所から始めましょう。不安だったら一度「さんぽ」機能を使ってステージを隅々まで把握しておきましょう。

適当に投げない、相手の動きを読んで狙って指定場所へボム投下、牽制&キルを狙え

サブウェポンを投げる時って適当に投げていませんか??それめちゃくちゃ勿体無い&下手したらあんまり意味がないかも知れません。

先ほど確認した通り、相手が居そうな場所・移動してきそうな場所目掛けてボムを遠投しましょう。

これだけで随分違ってくるはずです。相手側もボムが見えると一旦引かざるを得ないですし、うまくいけば気付かずにイカで登ってきてそのまま被曝&デスするかもしれません。

別ステージで例を見てみると、例えば下記マンタマリア号の敵側の中央高台、網に繋がっている部分ですね。

ここも良く敵が陣取っていたり壁から上がって向かって来たりします。

あとは下記のような場所。敵側へ目を向けて中央左側ですね。

ここからよくチャージャーなどが狙い撃ちしてきたりします。

ラインを上げる事が出来れば、さらに進んで一番左側の高台。ここも状況打破しようとして敵が進んでくる確立が非常に高いです。

といった感じで数カ所サブウェポンを投げ込む場所を予め決めておきましょう。

もし当たらなくても相手は下がるので、その間エリアをとったり全体的なラインをあげたり、味方が死んでいたら回復時間を稼いであげたりする事が可能です。

あと地上戦でも結構重要で、ある建物が目の前にあった時に、左通路にボムを置いて置いて右側で待ち構えるといった感じで利用出来ます。

重要な事は相手の動きを読む事。ボムを置くと相手側は避けるように移動する為、その移動場所を狙って攻撃♪といった戦略がかなり有効です。

これが出来るだけでS+は手堅いと思いますよ♪

インク切れに注意、ボム投下後はイカ or タコの姿になりインク回復を

まぁこれは大丈夫・常識だと思いますが、ボム投下後はインクの消耗が激しい為、基本周りの地面をあらかじめ塗っていおてイカ or タコの姿になって常にインクの回復を意識しておきましょう。

場合によってはインク効率アップ(サブ)のギアをたくさん積んで、ボムを2個投げれるような状況などを作るのもいいかと。

相手が近くに居そう・向かってくるのが見えた場合は、多少インクを残して置くようにしましょう。インク切れって判明したら速攻倒されてしまいますからね。多少打つだけでも牽制の意味も含めて相手を撃退 or 引き下げる事が可能です。

スペシャルを使うとすぐにインクが全回復する、状況を打開する際に必須

サブウェポンはインク消費量が問題...と言いましましたが、こちらTIPS的な小技になるのですが、実はスペシャルを発動するとインク量って満タン・全回復するんですよね。

これ、mog自身はよく状況を打開する際に利用しているのですが、例えばN-ZAP85の場合だと

  • キューバンボムを1個遠投
  • 少しインク回復してさらにキューバンボムを1個別の場所に遠投
  • スペシャル・インクアーマー発動(ここでインク全回復)
  • インクが全回復しているので、すぐにキューバンボムを遠投
  • 少しインク回復してさらにキューバンボムを1個別の場所に遠投

といった感じ。

ボムピッチャーという時間内はボム投げ放題といったスペシャルがありますが、それに近い事がN-ZAPで出来てしまうんです。4個キューバンボムを投げてくるって結構脅威ですよね。

例えばガチエリアとかでカウントを相手に勧められている場合、これで一度エリアをとってカウントを戻すなんて戦略にも利用出来ます。

ボム投下場所へ移動&攻撃、場合によっては奇襲を

この方法は戦略・奇襲の一つになるのですが、目の前をイカ or タコで移動出来るように少し塗って置き、その先にキューバンボム等を投げてその後すぐに移動するといった手法です。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、下記のような感じ。

目の前にボムを投げておいて、爆発するくらいのタイミングを狙ってそこまで潜伏しながら進むという戦法です。

もしその周辺に敵がいれば、ボムの爆風で多少ダメージを受けている状態になり、イカで潜伏しているので相手側は場所を把握しづらく(ちなみにmogはイカニンジャもつけているので基本バレません)、そのままエイム(相手にターゲットを合わせて打つ事)で狙い撃ちします。

ボムの周辺はインクが飛び散って多少ではありますが動ける範囲はあるので、ボムの中に潜伏して相手を倒しましょう。

間合いを詰められた際に置き逃げも有効、最悪相討ちに持って行こう

あとはどうしても打ち負けそうだな...と思ったら、その場にボムを置いて逃げるというのも有効な手段です。

その場に置く事で、間合いを詰めすぎた相手を相討ちにする事も出来ますし、ボムを置いた後うまく後ろにイカ or タコで逃げる事ができれば、相手だけキルする事も十分可能です。

なので、ちょっと危ないな...と思ったらボムを足元に置く癖をつけて置きましょう。相手がダメージ食らっていると、意外とボムの爆風で倒せたりするものですよ♪

最後に

今回はスプラトゥーン2に勝つために重要なサブウェポンに関して、どのように使っていけばいいのかという部分を詳しくご紹介しました。

最初はサブウェポンを使いこなすのは難しいかもしれませんが...慣れるとメインと同じくらいサブウェポンを使うようになっていると思いますよ。

これでウデマエS+9までは行けたので、なかなかオンライン対戦が勝てない&ガチマッチのウデマエが上がらないという方は参考にしてみてくださいね。

-ゲーム

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.