公園・遊園地・水族館

一本松展望園はお弁当を食べるスペースあり?芝生広場はある?現地レポート

【 本記事のターゲット 】

  1. 岡山ブルーラインの道の駅「一本松展望園」へ行ってみたい
  2. お弁当を持っていきたい。芝生広場やレジャーシートを広げるスペースはあるか?椅子や机などはあるか?

今回は岡山県にあるブルーラインの道の駅「一本松展望園」に関して、お弁当の持ち込みは問題ないか?昼食可能スペースはあるかどうかをご紹介します。

2022年10月、小学生の娘を連れて一本松展望園へ訪問してきました。

3連休の最終日&晴れという天候にも恵まれていたので、多くの人で賑わっていましたよ。

mog自身今回初めて訪問したのですが、どのくらいの規模なのか?芝生広場などはあるのか?どんな遊具・乗り物があるのかが全くわからなかったので...

詳細は下記別記事にてご紹介しておりますが、本記事ではお弁当の持ち込み・昼食可能スペースはあるかどうかをご紹介します。

これから一本松展望園へ訪問予定・混雑状況を知りたいという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

岡山ブルーラインの道の駅「一本松展望園」はお弁当持ち込み可能?芝生広場や机・椅子などはある?現地利用体験ブログ

「一本松展望園」は岡山ブルーラインの道の駅

先ほども記載しましたが2022年10月10日、3連休の最終日に一本松展望園へ訪問してきました。

上記MAPが現地にあったので撮影してきたのですが、岡山ブルーラインは2号線から分岐して、岡山県岡山市東区君津から岡山県備前市蕃山を結ぶ自動車専用道路になります。

その道中に上記のような道の駅が設けられており、今回はその中でも「一本松展望園」のご紹介となります。

「一本松展望園」には「ミニ鉄道公園」が併設、子供向け乗り物・遊具あり

道の駅「一本松展望園」ですが、子供が遊べるミニ鉄道公園が併設されています。

上記看板はボロボロでしたが、、、2022年10月の3連休に訪問しましたが、ちゃんと営業されていました。

公園の周りをぐるっと一周する新幹線が運用していたり...

今回は小学生の娘とサイクルカーを利用して、空中散歩を楽しんで見ました。

あとは上記のような遊具も用意されていました。

詳しくは先ほど記載した別記事にてご紹介しておりますので、よければあわせて見ていただければと思います。

公園の奥に芝生広場あり。斜面に展望を楽しむ為の椅子が配置

ではこの公園内でお弁当を食べれるスペース・エリアはあるのかどうか...

前提としてこちらの公園には出入り自由となっていて、持ち込みチェックや持ち込み禁止などの注意書きもないので...飲食物は自由に持ち込み可能となっています。

なので、この公園でお弁当を食べることは問題ないのですが、昼食可能場所があるのかどうか...

まず一つ目として、先ほどのSL・新幹線が回っている外側へ入れるエリアがあります。

上記は「おもしろ自転車」の後ろ側にあるのですが、ここから山の斜面へ入ることができます。

すると、上記のようなスペースに出ることができ、見て分かる通り長い椅子が数カ所セットされていました。

ですので、椅子に座りながら目の前の景色を見ながらお弁当を食べることが出来ます。

とはいえ、実は目の前の半分は太陽光パネルで覆われているのですが...

実はこのエリア、「瀬戸内Kirei太陽光発電所」という日本最大級のメガソーラーがある場所なんですよ。太陽光パネルの多さに圧巻するのも良いかと。

上記写真も右側に見えている黒いものは全て太陽光パネルですね。

遊具がある所に芝生広場。昼食可能スペース・レジャーシート利用可

次に公園の奥に行くと、下記の通り子供たちが遊ぶ遊具が設置されているエリアに出ます。

地面を見ていただくとわかりますが、芝生で一面広がっているような感じ。

こちらの奥へ行くと...

上記のような感じで芝生広場が広がっています。

今回訪問のタイミングでもレジャーシートを広げて休憩されている方もいらっしゃいましたので、ここでレジャーシートを広げてお弁当を食べることが出来そうですね。

机はほとんどないが、椅子は展望付近に数セット設置

あとは常設の机や椅子などがないのかどうか...

先ほどの芝生広場の中に、下記のような休憩エリアが設けられていました。

屋根付きで椅子とちょっとした机があるのですが...今回訪問タイミングでは利用不可となっていました。

その他、展望エリアなどには上記のような椅子が所々常設されていました。

先ほどの斜面の椅子などと同じような感じで、椅子に座ってお弁当を食べるということは出来そうです。

ゴミ箱も設置されているが少数。持ち込みゴミは持ち帰るように

公園内にはゴミ箱はあるのかどうか?という所ですが...

自動販売機が数カ所設置されていたので、空き缶やペットボトルを捨てる場所は問題なくあります。

あと園内に上記のような感じでカバーをしているゴミ箱も用意されていました。

なので、軽食やペットボトル程度であれば捨てても良いかと思いますが...

あまりゴミ箱の数も多くないですし無料の施設となりますので、持ち込みゴミは基本持ち帰るようにしましょう。

TIPS:建物内にレストランあり。定食・丼・ラーメン・うどんと種類多数

最後にTIPSですが、一本松展望園の道の駅建物内にレストランが営業していました。

上記建物の中を入り...

左手を見ると、レストラン入り口が見えます。

中に入ってみると食堂のような空間が広がっていて、入り口に上記のような感じで食券をあらかじめ購入する機械が設置されていました。

メニューの内容をみると、600円〜1000円の価格帯で販売されており、

  • 各種定食(ホルモンうどん定食、からあげ定食、生姜焼き定食、とんかつ定食など...)
  • 丼(カツ丼、親子丼、とり天丼、豚マヨ丼など...)
  • うどん・そば(きつね、肉うどん、とり天そばなど...)
  • ラーメン(五目ラーメン、チャーシュー麺など...)

上記のような料理が提供されていました。こちらでお昼などを食べるのもありかもですね。

最後に

今回は岡山ブルーラインの道の駅「一本松展望園」にて、お弁当を食べることは出来るかどうか?をご紹介しました。

芝生広場もあるので、お弁当を持ち込んで昼食を取ることは可能です。これから一本松展望園へ訪問予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5