公園・遊園地・水族館

町田リス園でリスの餌やり体験レポ 放し飼い広場はリスの数が多く圧巻♪

【 本記事のターゲット 】

  1. 東京都町田市にある「町田リス園」に興味がある
  2. リス放し飼い広場でリスの餌やりを体験してみたい、どんな感じか事前に知っておきたい

今回は東京都町田市にある町田リス園にて、リスの放し飼いエリアで体験出来る餌やりに関して現地体験を元に詳しくご紹介します。

先日2019年10月上旬3連休の中日に、家族で町田リス園へ訪問してきました♪

町田リス園の場所は下記。

以前から嫁さんに「ここに行って見たい」と言われ続けていたのですが、ちょうどこの3連休最終日にて台風も通過して快晴となったので、家族で訪問してみました。

台風がきたとはいえ、この日は上記写真見ての通り本当に快晴...3連休という事もあって、非常に多くの人で賑わっていましたよ♪

さて、町田リス園といえば...そう、メインは「リス」になります。ゲージの中に入っているリスもいるのですが、特に人気なのが園内の半分の広さを占める「リスの放し飼い」エリア♪

実際にどんな場所なのか、どういうシステムなのか、餌やりはどんな感じで実施できるのか実体験ベースで詳しくご紹介してみたいと思います。

町田リス園へ行ってみたい、リスの餌やりをやってみたいという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

また、他記事にてリス放し飼い広場の様子や小動物とのふれあい&餌やり、駐車場混雑状況なども詳しく解説しておりますので、良ければ下記記事も合わせて見てみて下さいね。

リスの餌やり体験♪町田リス園のリス放し飼いエリア体験レポ

リスの放し飼いエリアは全体がドームのように覆われている

まずリスの放し飼いエリアってどこにあるのか?どんな感じで入れるのかをご紹介します。

下記が町田リス園の全体MAPになるのですが、園内の右半分が「リスの放し飼いエリア」となります。

リスが放し飼いされているエリアはドーム型の網で覆われていて、入り口・出口は専用の場所から出入りする必要があります。

それが下記。

入り口・出口ともにスタッフが常駐していて、全て二重のドアとなっていてリスが逃げないようなシステムになっていました。

こちらのエリアは入園さえしてしまえば無料で利用出来ますし、園内にいる間は何度でも出入りができるシステムとなっていましたよ♪

園内に入ると下記のような感じ。

中に入ったからと行って特別なにか変わった...という訳ではなく、普通の屋外エリアのような感じで入る感じです。

リスの餌は1袋100円(ひまわりの種)、手袋着用必須(無料レンタル)

さて、入り口入るとすぐ右手の屋根の下にスタッフが常駐しています。

ここで、リスの餌を購入することが出来ます。1袋100円となっていて、中身はひまわりの種ですね。

今回9歳の息子(小学生)と6歳の娘(幼稚園児)と一緒に訪問したので、喧嘩しないように2袋購入しました。

あとは下記の通り、無料で手袋をレンタルすることが可能です。

大人用と子供用2種類のサイズが置かれていましたよ♪

リスの種類はタイワンリス、餌やり体験時リスの歯に注意。決して触らない事

さて、このエリアに放し飼いされているリスですが、「タイワンリス」になります。

園内に上記立て看板が設置されていました。

そして、先ほど手袋を無料レンタルできると記載しましたが、理由は下記ですね。

リスの歯って結構すごいらしいんですよ...なんと、コンクリートも砕いてしまうんだとか...リスの歯は毎日伸びるんですよね♪

ということで、餌やりをする際に手をかまれないように、手袋は必ず着用するようにしましょう。

入り口付近にも上記の通り注意書きが記載されていました。簡単にテキストとして書き出すと...

  • 餌やり時は必ず手袋着用
  • リスに触らない
  • 土に触れない
  • リスに噛まれたらスタッフまで

などでしょうか。

リス放し飼いエリアは結構広々♪ただ...中々リスが寄ってこない

さて、今回は10月3連休の中日、快晴といった混雑必至な状況の中訪問した訳なのですが...

下記見晴らしの良い場所からリス放し飼いエリアを撮影してみたのですが、思った以上に広々していましたよ♪

多少人とすれ違う時に狭いと思う程度で、それ以外は広くて快適に利用することが出来ました。

ただ...今回リス園に入ったのが12時過ぎだったのですが...リスがほぼお休み状態...

上記、リスのお家などが多数設置されていたのですが、その中にリスが数匹いて皆んな寝ている気がする...

枕木の下とか間にもリスがいたのですが、じっとしたまま動かない...

リスの家から顔だけ出すリス...出てきておくれよ(苦笑)

中には昼間にも関わらず、ぴょんぴょん飛び回っているリスもちらほら...

娘や息子が手袋の上にひまわりの種を置いて、「リスさんこっち♪」という感じで話しかけるもまったく見向きもせず...

うーん、全然寄ってこない。これは困った...

mog家だけではなく、他の家族の方も結構困っていましたね。

まったくリスが寄ってきません。中には諦めて帰ってしまった人も...

枕木が沢山積まれているエリアにリス大量発生(昼間)

いやいや、せっかくリス園に来たのだから、リスに餌をあげるまでは帰れない...

そんな感じで園内をしばらく散策していると、リスが大量発生しているコーナーを発見。それが下記。

通路側に枕木が沢山積まれているエリアがあるのですが、こちらの枕木の間にリスさんが結構いて、餌を食べてくれたんですよ♪

リスが沢山いるという情報が周りに伝わったのか、気がついたら一気に人が雪崩れ込んで来ました(苦笑)

リスへ餌をあげる時は手袋の上にひまわりの種を置いてそっと差し出す

では実際に昼間この枕木の近くにてリスへ餌をあげた時の様子を写真&動画撮影してきましたのでご紹介。

下記の通り、6歳の娘が枕木の間に手を差し伸べています。

実は、この間にリスさんが休憩していたんですよね。ひまわりの種を置いてそっと差し出すと...

おぉ、リスさんが寄って来てささっとひまわりの種を食べてくれましたよ♪

せっかくなので、その様子を動画にて撮影してみました。音声なし動画ですので気楽に再生して見てみて下さい。(スマホ等で正常再生出来ない方は、ページトップの「完全版を表示する」をタップして見てみて下さいね♪)

どうです?ちゃんとリスさんがささっとひまわりの種を食べていくシーンがわかるかと♪

なんがリスの動きって面白いですよね。キビキビしている感じ。

リスが餌を食べる動作が面白い♪もしゃもしゃ&独特な動き

娘も息子も一度餌やりに慣れてしまえば、あとはどんどん一人でリスを見つけては餌をあげていました。

実は途中でひまわりの種がなくなってしまったので、追加でもう一袋買う羽目に...苦笑。

どんどんひまわりの種がなくなっていきます。そしてリスが可愛い♪

下記動画、リスの姿が可愛いのでどうぞ。音声なしなので気楽に再生して見て下さい。

上記動画のリスの動き、なんだか面白くないですか??めちゃくちゃクイックな感じで動作する感じと、むしゃむしゃひまわりの種を食べる顔がなんとも可愛らしい♪

その隣で息子もリスに餌をあげていました。

こちらは日陰になった枕木の上に出て来てくれて、人馴れしているのか手のひらまですぐに駆け寄ってくれましたよ♪

いやぁ、最初はどうなるかと思いましたが、気がつけばひまわりの種が足らなくなるくらいまで、リスの餌やりに没頭することが出来ました。

リスが大量発生するのは夕暮れ・日陰が出てきた頃(もしくは早朝)

ひまわりの種もなくなったし、14時半過ぎてちょっと日陰も出て来たのでそろそろ帰ろうか...と帰り支度をしていると...

あれれ?なんだか急に人が多くなった?

先ほどとはまったく違う場所に人が集中している...集中している場所は日陰になっている箇所なんですよね。

で、その場所を見てみると、先ほどまで寝ていたリスたちがめちゃくちゃ活発に動き出したんですよね。

さらに別の日陰の平らな場所にもリス大量発生...

昼間あれだけリスがいなかった&枕木に隠れている部分しかリスに餌をあげることが出来なかったのですが...

上記状態になっているので、ちょっと手を出せばすぐに餌を食べてくれるような状況になっていました。

これ、あとで気がついたんですが、先ほどリスの説明が記載されている看板があったかと思いますが、その看板に下記文言がちゃんと明記されていたんですよね。

  • 主に朝と夕方、うす暗い時間に活動するリス

なんと...そういうことか。だから日陰が出て来たら活発にリスが動き出すのか...どうりで昼間日が照っている間は寝てた訳だと。

夕方になるにつれて、人の数も次第に多くなっていった気がします。もしかしたら皆んな知っていたのかな?

もし沢山のリスと戯れたいという場合、町田リス園は16時までなので15時前後を狙ってみるのが良いかも♪

最後に

今回は町田リス園でのリス放し飼いエリアでの餌やり体験を詳しくご紹介しました。

最初はリスに全く餌あげれずに終了してしまうんじゃないかとヒヤヒヤしましたが...終わってみれば、餌は足らないくらいで子供達も大満足となった1日になりましたよ♪

これから家族で町田リス園へ出かける予定 or 出かけたいという方は、本記事を是非参考にして楽しんで来て下さいね♪

-公園・遊園地・水族館

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.