プール&スパ

マホロバマインズ三浦クアパーク・温水プール小学生体験レポ。十分楽しめるが水深に注意

【 本記事のターゲット 】

  1. マホロバマインズ三浦へ宿泊予定
  2. プール&スパ・クアパークを利用予定
  3. 小さい子供・小学生と訪問予定。子供も楽しめるか体験談を知りたい

今回は神奈川県三浦半島のリゾートホテル「マホロバ・マインズ三浦」に関して、プール&スパ施設「クアパーク&温水プール」を小学5年生&1年生の子供たちと一緒に利用した体験談をご紹介します。

2020年11月、家族でマホロバ・マインズ三浦に宿泊してきました。

こちらのホテルですが、プール&スパがついていて、さらに客室が非常に広くそこそこ豪華な感じで利用できるのが特徴です♪

今回東京江戸川区から車で訪問したのですが、渋滞していなければ1時間30分で到着できるという所も魅力的。

さて、こちらの施設のプール&スパですが、クアパークと温水プールという2つのプール&スパ施設が備わっています。

今回小学5年生&小学1年生の子供たちと一緒に訪問したのですが、子供がこの施設を使って楽しめるのか、何時間くらい遊べるのかなど、実際に利用してみた体験を元に詳しくご紹介してみたいと思います。

これから「マホロバ・マインズ三浦」へ訪問予定&プール&スパを子供と一緒に利用予定という方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ちなみに、「マホロバ・マインズ三浦」に関して下記別記事にていろんな情報を纏めていますので、気になる項目あれば併せて見てみて下さいね。

小学生であれば3時間は楽しめる。マホロバマインズ三浦クアパーク・温水プール体験レポ

プール&スパ施設はホテルの中から入る、ウェルネスクラブ受付

マホロバマインズ三浦に併設されているプール&スパですが、クアパーク&温泉プールという2種類から成り立っています。

まずこの施設、どこから入るのか...分からないですよね。

mog自身も今回初訪問だったので、このあたり不安だったのですが...実際に現地で見てきた様子を写真付きでご紹介。

下記がホテル入り口・正面となります。

こちらを入って右手にプール&スパの受付があるんですよ。なので、ホテル内から入る形になります。

現地宿泊時に全体MAPを提供いただいたので下記に記載します。

中央下あたりに記載されている正面玄関というのが、先ほどの写真部分になります。

そこから入って右手に「ウェルネスクラブ受付」というのがありますよね。実際の様子が下記。

こちらよりクアパーク&温泉プールの受付&料金を支払って利用する形です。

クアパークと温泉プール自体は少し離れているのですが、どちらも受付を通過してから中に入って利用する形になるので、まずはこちらで受付・料金を支払って中に入りましょう。

鍵付きロッカー・バスタオル貸出あり。水泳帽必須だが無料レンタルあり

受付が完了するとリストバンド(鍵付き)を渡されます。

 

男女別更衣室にそのまま入り、上記のロッカーを使って水着に着替えましょう。一応貴重品などを入れても大丈夫なように、鍵をしめて荷物を置くことも可能です。

プール&スパ内に荷物を持ち込むことも可能・荷物置き場もあるのですが...基本は不要なものはこちらに全て置いておきましょう。

あと上記の通り、

  • 食べ物の持ち込み
  • 浮き輪・ビーチボール

などの持ち込みは出来ないようになっているのでご注意ください。

水泳帽・水泳キャップをつけることは大人も子供も必須となっています。家から持参してくるか、現地で無料レンタルできるのでそちらを利用しましょう。

更衣室を出たら施設内の受付・休憩スペースでタオルを受け取る

男女別更衣室を出ると、施設内の受付スペースの横に出てきます。ここで受付時にもらった下記タオル引換券を出して、タオルをレンタルしましょう。

受付は下記のような感じ。

周りに水着なども販売されていましたよ。水泳帽もこちらで無料レンタルすることが可能です。

一応こちらのスペースに自販機が設置されていました。

給水機はなかったので、喉が渇いた時のために小銭をある程度持参しておいた方が良いかもです(mog家は3時間利用しましたが、特に飲み物は不要でした)

さて、クアパーク&温水プールですが、上記写真の右側にいくとクアパーク入り口となります。

温水プールは上記写真の左側を少し進んで階段を降りた先にあります。どちらも水着を着たまま自由に出入りできますので、好きな方の施設にまずは入ってみましょう。

温水プールは水深1.1m〜1.3m、子供達は大はしゃぎ。ジャグジー有り

ということで、まずは温水プールから見ていきましょう。

作りは下記のような感じ。

25mプールとなっていて、手前に3コース分の自由に泳げるスペースが設けられていました。

奥の3コースは右側通行で泳ぐ方専用エリアとなっていました。

ちなみに、上記13時過ぎだったのでまだ人が少なかったのですが...15時過ぎになるとチェックインした人が続々と入ってくるため、結構な人でいっぱいとなりました。

その際、スタッフの方が1コース分ロープを取り外し、自由に泳げるスペースを広くしていました。このあたりは臨機応変に変更することがあるみたいですね。

こちらの温水プールですが、水深がちょっと深い...

両端は浅くなっているのですが、それでも上記の通り1.1mあります。中央付近の一番深い所では1.3m、今回小学1年生の娘もいたのですが、足がつきません...

しかし、こちらのプール施設には先ほど記載した通り浮き輪やボールなどは持ち込み不可になります。

が、下記写真の通りビート板は無料でレンタル・利用可能となっていました。

一応娘はなんとかこちらのビート版を使って泳ぐ練習をしたり、mogや嫁さんが抱っこ&おんぶしてプール内で遊ぶことができましたよ。

一応自由に泳げるスペースの一部分のみ、地面に台が敷かれていて、足がつくようにはなっていましたが...スペースが狭いので小学生になっていれば広めのスペースで遊んだ方が楽しめるかと。

あとこちらの施設にはジャグジーもついていました。

今回11月中旬での訪問となりましたが、温水プールとなっていて寒くはなかったのですが...やはり体は多少冷えます。

そんな時、上記ジャグジーにはいって温まることが可能ですよ。

ちなみに、現地には上記看板も設置されていました。

水温は31度、室温は28度となっていましたが、個人的には暑くもなく寒くもないといった感じで快適に利用できましたよ。

荷物置き&休憩スペースも用意されている

あとこちらはクアパーク・温水プール共通なのですが、施設内に荷物を置く台は用意されていました。

上記のような感じですね。なので先ほど受付で受け取ったタオルなどをこちらに置いておくことは可能です。

あとプールやクアパーク周辺にいくつか椅子が設置されていました。

あんまり使っている人いなかったですが、こちらで休憩することも可能ですよ。

クアパアークは水深1.1m、泳げないので子供には不評...ミストサウナがすごい

では次にクアパークを見ていきましょう。

クアパークは全体MAPがありますので、まずは下記を見てみましょう。

中央付近に大きめのエリアが設置されていて、周辺にいろんな健康によいとされる施設・サウナなどが設置されていました。

まずは中央の一番広いエリアから。

上記のような感じで、思った以上に広いスペース&打たせ湯やキノコ上の滝の中に入ることができるなど、子供達が楽しめる要素も満載でした。

まぁメインは健康促進となるのですが...子供にしてみたら、全ては遊ぶための設備になりますね。水流とかでも遊んでました(苦笑)

ただ、こちらの水深も少々深く、温水プール程ではないですが、1.1mあるので小学1年生の娘は足がつかないことがしばしば。

こちらのエリアはビート板もないので、小さいお子さんがいる場合は大人が常に付き添っておく必要があります。

そんな感じで最初の10分くらいは遊んでいたのですが...

ここ、泳いだり潜ったりすることは禁止されているエリアなんですよね。

最初は楽しいと遊んでいた子供達だったのですが、やはり泳げないとなると若干飽きが出てくるのか...まだ先ほどの温水プールへ戻りたいと言い出しました。

とはいえ、一応一通り体験しようよと嫁さんとmogで説得し、中央エリア以外にある様々な施設で家族体験してきました。

例えば上記、足つぼですね。子供はスイスイいっていましたが...体重の影響でしょうか、大人は痛くて手すり補助がないと進めません(汗)

あとは下記ミストサウナ。

ここのミストサウナ、本当にすごい。目の前が見えなくなるくらいのミストが定期的に噴射されてきます。子供達もびっくりしていましたが...天井から落ちてくる水滴が少々あついので嫌がる子も多いかも。

あとはサウナ。

上記の通りマットも完備されていて、男女兼用と女性用のサウナ2種類用意されていました。

そこまで中は暑くはなかったですが、しばらくいるとじわっと汗をかくことができますよ。

そのとなりに上記の通り水風呂も完備されていました。サウナの前にシャワーが設置されているので、サウナ後はシャワーで汗を流した後水風呂に入りましょう。

あと下記写真ぼやけてしまっているのですが...

大人だけで利用するのであれば、ここはお勧め。石暖というエリアにあるのですが、少々熱を持っている様々な石の上に寝転がって利用する形。

最初はそうでもなかったのですが、5分程するとじわっと体の芯から暖かくなり、リフレッシュ効果がありそうな感じでなんとも心地よかったですよ。

子供がいたのでそこまで長い時間は利用できませんでしたが...大人だけであれば、ここで数十分は時間をかけたい所。

脱水機・シャワー(シャンプー石鹸あり)・ドライヤー完備

こちらはTIPSとなりますが、プール&スパを利用した後、いつも悩むのが「濡れた水着」ですよね。

水を含むと重たくなりますし、なによりも持って帰りにくい...

そんな時、脱水機があれば...大丈夫です、こちらの施設にも下記の通り脱水機が用意されていました。

1台だけでしたが、特に混雑することもなく利用することができましたよ。

あとはシャワーも数部屋用意されていて、シャンプー等の設備も整っていました。

上記の通りドライヤーも完備されていましたので、プール後シャワーでさっぱり&ドライヤーで髪の毛を乾かすことも可能です。

総括:小学生であれば十分楽しめる&3時間は遊べる。メインは25mプール

さて、マホロバ・マインズ三浦のプール&スパ施設「クアパーク&温水プール」をご紹介しましたが、結果的にはmog家は13時にこちらの施設に入り、出てホテルにチェックインしたのが16時...

なんと、こちらの施設に3時間近く滞在して、子供達とプール&スパを楽しんでいたという結果になりました。

クアパークが大体1時間ほど、温水プールが2時間程滞在していた気がします。

子供がいると、やはり泳いだりはしゃいだりしたいもの。クアパーク側はどちらかというと大人の健康促進・運動のための施設となりますので、小さい子供ははしゃいだり泳いだりできる温水プールが好きですかね。

ただ、先ほども記載した通り水深が深い所で1.3mある&浮き輪等は利用できないので、その点はご注意を。

最後に

今回はマホロバ・マインズ三浦のプール&スパ施設「クアパーク&温水プール」に関して、現地体験を元に詳しくご紹介しました。

小学生くらいの子供であれば、温水プールで1〜2時間遊ぶことはできますよ。

クアパークでまったりすることも可能なので、これから家族で訪問予定という方は本記事を参考にしてみて下さいね。

© 2020 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5