公園・遊園地・水族館

ありのみコースはお弁当持ち込み可?サンシェード必要?昼食エリア現地レポ

【 本記事のターゲット 】

  1. 千葉県市川市にあるアスレチック「ありのみコース」へ訪問予定
  2. お弁当や飲み物を持参していきたい、持ち込みは可能か?
  3. ありのみコース内で食べる場所はある?レジャーシートやサンシェードは必要?

今回は千葉県市川市にある巨大フィールドアスレチック「ありのみコース」に関して、お弁当持ち込み可否や昼食可能エリアなどを現地訪問を元に詳しくご紹介します。

2019年5月下旬、上記の通り千葉にある有名なフィールドアスレチック「ありのみコース」へ訪問してきましたよ♪

mog家の子供たちも気がつけば9歳と5歳になり...大きくなってくるにつれて、動物園など見て楽しむものよりは、こういった体を動かしたりする施設を好む傾向がありますね♪

という事で、東京江戸川区から比較的近場にある「ありのみコース」へ車で訪問してみる事に♪

こちら、本当に良いアスレチックコースなのですが...なんといっても情報が少ない...

公式HPにはほとんど情報が掲載されていないので、今回実際に訪問してみた体験を元に、アスレチックの内容や土日の混雑具合・飲食物の持ち込みやその他現地の情報などをご紹介していきたいと思います。

一度にたくさん紹介しきれないので...今回は家族でピクニック気分&お弁当の持ち込みなどはできるかどうか?という部分をご紹介したいと思います。

家族みんなでアスレチックを楽しみたい&お弁当持参でピクニック気分を味わいたいという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ありのみコース内へは飲食持ち込み可能、日陰が多く昼食エリア多数あり

ありのみコース全体MAPを確認、持ち込みOK&芝生広場等はないのでレジャーシートは不要

ではまずありのみコース内がどんな感じになっているか、全体MAPから確認してみましょう。

下記がありのみコースの全体MAPになります。

見ていただければなんとなくイメージはつくかと思いますが...

円の中にアスレチックが多数集結していて、パッと見た感じ芝生広場などはなさそうですよね。

実際に現地で色々見て回ったのですが、上記MAPの道路は段差がない部分になるので、基本はベビーカーなどで移動可能なエリア(アスファルト)となっていて、それ以外は基本土となっていました。

唯一、広場に該当するという部分で言えば下記。

ここはちびっこ広場の近く(全体MAPでいう左上あたり)なのですが、ここには数組上記写真の通りサンシェードやレジャーシートを敷いている人はいました。

が...ここありのみコースでいえば、mog個人的にはサンシェードやレジャーシートは不要かな?と。

その理由は後ほど記載します。まぁ地面も土と根っこで硬そうですし...

あとありのみコース内ですが、基本は自由に飲食持ち込み可能となっています。他家族などを見ていると大抵お弁当や軽食・飲み物を持参してきました。

mog家は事前に立ち寄ったスーパーでお弁当とペットボトルの飲み物を購入して持参しましたよ♪

あと子供達はアスレチックで汗を大量にかくと思ったので、大きめの水筒も持参してきました。

一応持ち込みはOKなのですが、一点持ち込みが制限されているエリアがあります。それはバーベキューを利用する方、バーベキューエリアへのお酒やジュース類の持ち込みは不可となっていました。

アスレチックのみを楽しむという方であれば、持ち込みは全然OKですよ。あ、夏場など暑い時期はアルミのクーラーボックスなどに入れて持参するようにしましょう。

入り口近くに屋根付き大型休憩所あり、ちょっと変わった小屋あり♪

では実際にありのみコース内でお弁当を食べることができるエリアを見ていきましょう。

先ほどサンシェードやレジャーシートの持ち込みは基本不要と記載したのは、こういった休憩スペース・昼食可能エリアがかなり多く作られていて、机や椅子も豊富にあるのでそちらを利用すればOKかと。

ありのみコースの場合は、その方が快適に利用できそうです。他公園などで芝生広場があるエリアなどはレジャーシート等の方が良い場合がありますが、この施設内は休憩スペースの方が良いかと。

さて、まず入り口付近にある休憩スペースから見ていきましょう。

上記の通り、入り口入ってすぐ左あたりに大きめの屋根付き休憩スペースが設けられていました。

全て机・椅子が付いていて、10人くらいが余裕で座れるものが10セット近くあったかと思います。

上記の通り、一応場所取りで荷物などを置かれている人いましたが...その他にも休憩スペースは多数あるので、急いで場所をとる必要はなさそうです。

ちなみに今回訪問したのは2019年5月下旬の日曜日、天気も快晴で絶好のアスレチック日和♪人も多かったのですが、それでも空きスペースは十分ありましたよ♪

あと入り口右手にちょっと変わった小屋が設置されていました。

上記のような感じ♪なんだか子供達が空きそうなタル状の小屋♪

中は上記のように、円にそって椅子が設置されていましたよ♪

中央に大型休憩所(ココがオススメ♪) 小屋・テーブル机多数、満席になる事はまずない

次に先ほどの全体MAP中央付近、いかだ渡りなどの近くにある休憩スペースをご紹介。

ちなみに今回mog家はここの小屋を休憩スペースとして場所を確保し、この地点を中心にアスレチックを楽しみましたよ♪

実際の休憩スペースの様子が下記。

まず大型の小屋、そしてその間に机&椅子のスペースがずらりと並んでいました。

最初この小屋って無料で使ってもいいのかな...と不安になるくらい大きい&綺麗な小屋だったので...

スタッフの人に「これって無料で使っていいんですか?」と聞きに行ったくらい(苦笑)

大丈夫です、ここのスペースは全て無料で利用できるという事でしたので、早速小屋の中に突入♪

上記の通り、屋根付き小屋の中に両端に長椅子が設置されていて、中央に大きめの机が設置されていました。

大体10人くらい座れるスペースがあるので、複数家族などで訪問した時などに良いかも♪

この小屋ですが、11時過ぎに訪問した時点で誰も場所を取っておらず...

さらにこの小屋の目の前には多数の机&椅子がずらり...

上記見てわかる通り、この日は快晴だったのですが、ありのみコースは森林が立派で基本日陰になるんですよね。

お昼過ぎ、このエリアを見てみると、小屋を使っている人も数家族いましたが、上記テーブル&椅子を使っている家族も多数いらっしゃいましたよ♪

という事で、このエリアでmog家は持ち込んだお弁当を頂きました♪家族楽しく、ピクニック気分で快適に食べることが出来ましたよ♪

mog個人としては、ありのみコースで昼食をとるならここのエリアがオススメです♪

ちびっこ広場&BBQエリア付近に多数の机・椅子あり

さて、3箇所目の昼食可能スペースですが、先ほどご紹介したレジャーシートやサンシェードを数家族が設置していたちびっこ広場周辺です。

ここはバーベキューエリアが奥に設置されており、そのエリアはもちろんBBQ予約者が利用するスペースなのですが...

下記写真の通りそれ以外の場所でも多数机と椅子が設置されていました。

数はかなり多かったですね...上記の通り、場所を取っている人もいますが、基本ガラガラです♪

ただ...この部分はちょっと森林がない箇所が多く、直射日光をもろに浴びる可能性があるので...やはり先ほどの中央休憩スペースが一番良いかと思います。

TIPS:ありのみ茶屋(売店)の商品種類・価格一覧&自動販売機価格レポ

TIPSですが、ありのみコース内には数カ所下記の通り自動販売機が設置されていました。

なので、アスレチックに夢中になって飲み物飲み過ぎてなくなってしまった...という場合でも大丈夫です♪

値段は500mlのペットボトル(水等を除く)は200円、350mlの缶は150円と少々高めの価格設定でした。

あとは下記「ありのみ茶屋」で軽食などが販売されてました。こちらはありのみコース入ってすぐ右手にあります♪

販売している商品と価格は下記の通り。

  • ビーフカレー:500円
  • 焼きそば:400円
  • たこ焼き:400円
  • 焼きおにぎり(2個):300円
  • アメリカンドック:250円
  • フランクフルト:250円

あとはありのみコース入り口の小屋内にも売店がありましたよ♪

上記の通り、お菓子やアイスクリームも販売していました。

mog家はアスレチックを遊び終えた後、かなり体が火照っていたので、家族全員で150円アイスを一人一つ購入して食べて帰りましたよ♪

TIPS:ゴミ箱は入り口付近にあるもの以外は無し、基本持ち帰り

最後にゴミ箱の有無をご紹介。

ありのみコースですが、下記写真の通りゴミは持ち帰りが基本となっています。

ありのみコース内にも基本ゴミ箱は設置されていませんでした。

なので、家から持ち込んだお弁当や飲み物のゴミは持ち帰るようにしましょう。

とはいえ、現地で購入した軽食や自販機の缶・ペットボトルなどはあると思うので...

ありのみコース入り口付近にて、上記の通りゴミ箱が設置されていました。

ありのみコース内で購入して出たゴミなどはこちらに捨てるようにしましょう。

最後に

今回は千葉県市川市にある大型アスレチック施設「ありのみコース」に関して、お弁当の持ち込みや昼食可能エリアなどを現地体験を元に詳しくご紹介しました。

これからの時期、お子さんとアスレチックに行ってみたいという方も多いかと♪

ありのみコースへ家族で訪問したい・お弁当持参で訪問したいと考えられている方は、是非本記事を参考にしていただければ幸いです。

-公園・遊園地・水族館

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.