キャンプ TIPS

ダイソーのクーラーボックス種類・価格一覧を紹介。アウトドア・ピクニックに活用

2021年3月1日

【 本記事のターゲット 】

  1. ダイソーのアウトドアグッズに興味がある
  2. ダイソーで販売しているクーラーボックスの種類・価格一覧を知りたい

今回は100円均一ショップ「ダイソー」で販売しているクーラーボックスの種類・価格一覧をご紹介します。

あらゆるアイテムが低価格で揃う100円均一ショップ、みなさんもよく利用しているんじゃないでしょうか。

100円とは思えないクオリティ商品も多数あり、日常生活で利用している方も多数いらっしゃるかと思います。

そんな中、100円均一ショップ「ダイソー」にはアウトドアグッズも多数販売されています。

キャンプやBBQ・公園でのピクニックなどに利用できる便利グッズが多数販売されているんですよ♪

その中で、今回はダイソーで販売・提供している「クーラーボックス」に関して、実際に店舗へ訪問して実物を全種類調査してきましたので、写真付きで詳しくご紹介します。

ダイソーのクーラーボックスが気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

ちなみに、ダイソーで販売している他のアウトドアグッズに関して、下記別記事にてご紹介しておりますので、気になる項目があれば見てみて下さい。

その他、ダイソーで販売している各種商品に関して、個人的に気になるものを記事化しておりますので、こちらも良ければ見てみて下さい。

ダイソーで購入できるクーラーボックスの種類一覧をご紹介。110円〜格安で購入可能

100円均一ショップ「ダイソー」にアウトドアグッズ販売コーナーあり

2021年3月となりますが、100円均一ショップで有名なダイソーに訪問しました。

100円とお手頃価格で様々な商品が提供され、最近では少々高価な価格帯で少し良い商品なども提供されていますよね。

そんな中、下記の通り「行楽用品」というコーナーがあるのですが、

このコーナーにて、様々なアウトドアグッズが格安で提供されています。

さらにその中の一部のコーナーにて...

上記の通り、クーラーボックスや保冷・保温バッグ、保冷剤などが多数販売されているコーナーがあります。

という事で、今回はこちらのコーナーにて販売されていたダイソーのクーラーボックス・保冷バッグに関して種類・価格共に全種類ご紹介します。

(一部売り切れ等があり把握・記載出来ていない商品があるかもですが、そこはご了承下さいませ)

発泡クーラーボックス(350ml × 6):165円 or 330円(インナー付)

まずは発泡スチロールのクーラーボックスになります。

サイズは2種類あり、まずは小さい方から。

上記のような形で、350mlの缶が6本入る大きさとなっています。

この発泡スチロールのクーラーボックスは2種類あり、中にインナーが付いているものが330円、インナーが付いていないものが165円となっていました。

今回訪問のタイミングでは、インナーなしモデルが売り切れとなっていた為写真はないのですが、見た目はほぼ変わらない形です。

個人的には飲み物を冷やすだけであれば、インナーは基本なくても良いかと...

ちなみに蓋はピッタリ閉まるような形になっていて、上記の通り溝と本体が合わさって密閉される仕様となっています。

そして蓋の裏に紐が付いており、こちらを本体と蓋にくくりつける事によって、手でもったり肩からぶら下げたり持ち運びが容易に出来るようになっています。

発泡クーラーボックス(500ml × 6):330円

次に先ほど紹介した発泡スチロールのクーラーボックスの大きいバージョンとなります。

上記のような感じで、500mlの缶やペットボトルが6本入るサイズのクーラーボックスになります。

値段は330円となり、こちらはインナー付きはなく1種類のみの販売となっていました。

同じように蓋はピッタリ閉まるような形になっていて、溝と本体が合わさって密閉される仕様となります。

そして同様に蓋の裏に紐が付いており、こちらを本体と蓋にくくりつける事によって、手でもったり肩からぶら下げたり持ち運びが容易に出来るようになっていました。

アルミクーラーバッグ(350ml × 9):110円

次にアルミのクーラーボックス・クーラーバッグをご紹介します。

アルミのクーラーバッグは手軽で非常に使い勝手が良いです。個人的には大型のクーラーボックスの中に、二重でこのアルミクーラーバッグを入れる事で保冷効果を格段に向上させる事が可能ですのでお勧めです♪

よければ、別記事にてアルミクーラーバッグ2重を含めた「クーラーボックス保冷効果アップの秘訣」をご紹介しておりますので、参考にしてみて下さい。

さて、話を戻してダイソーのアルミクーラーバッグをご紹介します。

まず、上記の通り350mlの缶が9本入るタイプとなります。お値段は110円で、チャックがついているタイプとなり、簡易的な保冷・保温効果に効果を発揮してくれます。

公園へのピクニックや、日帰りBBQなどの飲み物入れとして使う分にはちょうど良いかと。

アルミクーラーバッグ(500ml × 6):110円

次に少し大きめのアルミクーラーバッグとなります。

値段は変わらず110円ですが、500mlの缶 or ペットボトルが6本入る仕様となっています。大きいというのは幅ではなく高さ部分ですね。

同じくチャック付きですので、公園・ピクニックやBBQに活用してみましょう。

保冷保温アルミバッグブラ取っ手付きS:110円

次にアルミバッグ(ブラ取っ手付き)をご紹介。

上記のような感じで、上部でぱちっと止める事ができるアルミバッグになります。

サイズは

  • 高さ29.5cm × 幅30cm × マチ11cm

となっています。飲み物というよりは、食材などを入れておくのに役立つかと。値段は110円となっていました。

保冷・保温両面アルミバッグ:110円

次に保冷・保温両面アルミバッグとなります。

上記のような感じで、こちらは上部にチャックがついているので密閉する事が可能です。

サイズは

  • 高さ24.5cm × 幅35.5cm × マチ14cm

となっているので、様々なものを入れておく事が可能かと。

クーラーバッグトート型:330円

次にちょっとお洒落なクーラーバッグ・トート型をご紹介。

上記のような感じでデザインが付いているので、持っていてもクーラーバッグとは気付きにくい感じの作りとなっています。

こちらもそこそこ大きいので、様々な食材や飲み物を入れておく事が可能かと。チャックがありますので、密閉しておく事が可能です。

値段は少し高めの330円となっていました。

ソフトクーラーバッグ(保冷・保温):550円

次に今回ダイソーのクーラーボックスコーナーで一番高かった商品をご紹介。

それが上記、「ソフトクーラーバッグ」になります。

こちらのクーラーバッグは上部までしっかり幅が確保されており、

  • 高さ21cm × 幅30cm × 奥行き22cm

といったサイズとなります。上記の通り、チャックでしっかり蓋をする事が可能で、お値段は550円となっていました。

保温・保冷アルミバッグ(3セット):110円

次に今回ダイソーで販売していたクーラーボックス・アルミバッグ関連で、一番コスパが良い商品をご紹介。

それが上記、保冷・保温アルミバッグになります。

なんと、110円で3セット付いており、1セットあたり40円以下という驚異的な価格設定となっていました。

が、こちらは上部にチャックなどの止める所はありませんので、どのように使うのか少々考えて利用する必要がありそうです。

保温・保冷トートバッグ(チェック):110円

次に少し小さめのお洒落な保温・保冷トートバッグをご紹介します。

デザインは2種類あり、上記青のチェックのものと...

上記少し茶色形のチェックのトートバッグが販売されていました。

どちらも値段は110円となっており、ピクニックなどで利用出来そうなバッグとなっていました。

こちらはチャック等で密閉する事は出来ず、バッグの口にマジックテープが貼られており、それを使って簡易的にとめる事が可能となっていました。

レジャーバッグ(内側アルミ・保冷保温効果、2L × 4):330円

最後に大きいサイズのレジャーバッグをご紹介。

上記の通り2種類販売されており、どちらも内側がアルミ仕様となっていて保冷・保温効果があるレジャーバッグとなっていました。

2Lのペットボトルが4本入る大容量となっているので、いろんな物を入れて活用する事が出来そうですよね。値段は330円となっていました。

サイズですが、

  • 高さ25cm × 幅37cm × 奥行き25cm

とボックスタイプのバッグとなっていて、上部はチャックで密閉出来る大容量タイプの保冷バッグとなります。

保冷剤も様々な種類・大きさが提供されている

という事で、ダイソーで販売しているクーラーボックス・クーラーバッグの全種類をご紹介しました。

ちなみに余談ですが、下記写真の通りクーラーボックス・クーラーバッグの保冷効果を高める為の保冷剤も多数販売されていましたよ。

こちらは冷凍庫でなんども凍らせて繰り返し使えるものになりますので、必要に応じて何個か用意しておきましょう。

これ以外にも、ダイソーにはアウトドア商品が多数販売しているので、気になる方は一度ダイソーまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

(※ダイソーの店舗によってはアウトドア商品を置いていない所もあるようです。そこそこ大型のダイソーショップへ訪問するようにしましょう。)

最後に

今回はダイソーで購入出来るクーラーボックス・クーラーバッグ種類一覧をご紹介しました。

そこまで大きいものはないですが、手軽に飲み物や食材を保冷・保温する事が出来ますので、ダイソーのクーラーボックス・保冷バッグが気になる方は本記事を参考に検討してみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5