プール&スパ 旅行

【旅行+プール&スパ】鴨川スパホテル三日月(鴨川シーワールド)

投稿日:2017年1月24日 更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 大きめの温泉施設とスパがある所
  2. 子供が楽しめる設備が充実
  3. 鴨川シーワールドに行きたい

少し間が空いてしまいましたが、スパリゾートハワイアンズに続き、スパ&プールの第4弾目です。

三日月系列は以前龍宮三日月を紹介しましたが、元々は新婚旅行時に利用した「赤い風船」の旅行クーポンが1万円以上余っており、数年間寝かせていたのですがさすがにそろそろ使わないとと思い…

取り急ぎ赤い風船のパンフレットを見ながら、少し離れた場所でちょっと贅沢な旅行をしてみたいなと旅館を探していた所、こちらの鴨川スパホテル三日月に辿り着きました。

本当にたまたま偶然なのですが、ここで初めて三日月のホテルを体験してこれ以降すっかり三日月のスパに取り付かれてしまいました…(笑)。毎回泊まるのは少々高くさすがに無理なので、最近は近場の龍宮三日月に日帰りで行くようになりました。※既にもう3回以上行っています

三日月系列のスパは本当に設備がしっかり整っていて癒されます。今回は鴨川スパホテル三日月をしっかり紹介していきたいと思います。

状況、宿泊プラン

■ 当時
2015年1月
mog(父)、嫁、長男(5歳)、長女(1歳半)

■ 訪問先
鴨川スパホテル三日月

■ プラン
初日:1泊2日夕食朝食付
二日目:鴨川シーワールド

上記にも記載した通り赤い風船パンフレットを見て、ちょうど年明けの3連休に予約が取れました。三日月系列は設備も夕食朝食バイキングも結構すごいのが出てくるので、さすがにそれなりのコストはかかりますが、たまには多少お金をかけて息抜きというのも悪くないのではないでしょうか。

大人だけでなく、子供もしっかり遊べて皆が楽しめる。これが一番のポイントです。

費用としては、4人で5万円くらいだったかと…そこから1万円引きですが、まぁそこそこ値段はかかってきますね…

到着まで

ホテル名からも分かる通り、千葉の南・鴨川をひたすら目指します。

首都高+京葉道路+首都圏中央連絡自動車道を経由するか、もしくはアクアラインを通っていくかどちらかになります。前者の方がコストは安いですが、宮野木ジャンクションの渋滞がちょっと心配です。

当日の道路状況を見ながら判断しましょう。

東京江戸川区からだと、車で大体2時間半くらいかと思います。

鴨川スパホテル三日月

昼過ぎに付いたのでまだチェックイン前だったのですが、事前調査でチェックイン前でもスパに入る事が可能とHPに記載があったので、その旨受付の方に言ってみる事に。

タオルリネン代一人300円を払えば利用出来るとの事。ちなみにタオル持参しているんだけど…HPの記載にもあるのですが、「タオルをお持ち頂きましても割引き等のサービスは致しません」…

なんだか良く分からないですが、通常大人1,500円の所を300円という事なので、ちょっと意味不明なんですが300円払って入る事に。

いきなりちょっと不安になりましたが、その間子供たちはでっかいロビーとゴージャスな装飾に興奮気味。確かにロケーションは海の前で最高、ソファーやモニュメントもなんだか全てがゴージャス

気を取り直して、子供たちと一緒にスパへ。

ちなみにチェックイン前なので、不要なものは車に積んだままで水着等必要なもののみ持っていくようにしましょう。

トロピカルガーデン&展望温泉

まずは男女に分かれて、水着に着替える事に。1月なので、これはちょっと寒いんじゃないかと思いながらスパ広場に出てみると…

出典:鴨川スパホテル三日月

何じゃこりゃ!?本当に1月なのか!?と思うくらいの南国の世界が目の前に広まっていました。

ある有名人が龍宮スパ三日月の事を「本当に竜宮城って存在するんですね」って言った気持ちが分かりますね。まぁこの時はこの有名人の発言や前東京都知事の件も無かった頃なので、まだ周りの知り合いや他の家族などは殆ど知らないといった状態でした…

それでも結構人はいましたね。1月3連休なので当たり前かも知れないのですが、当時自分の中では温水といえども冬なのにプールに入るなんてあり得ないと思っていたのですが…ここで180℃真逆の気持ちになりました。冬はスパに限る!…と。(笑)

出典:鴨川スパホテル三日月

結構大きめの滑り台(スライダーもどき)が有ったので、当時上の子が5歳だったのですが、90cm以上から滑れるという事で試しに滑らせてみました。最初はものすごく怖がっていましたが、一度滑ってしまうと楽しかったようで、何度も繰り返し滑っていました。

その他、スパの中を何度も歩いたり泳いだり…当然浮き輪やボールなどは持ち込み可能なので、事前に準備して持ってくるようにしましょう。

ちなみに野外スパも一応水は張っていたので、ちょっと外に出てみたのですが…さすがに無理です。寒すぎます。すぐに室内へ撤収…ここも機会があれば夏にきて南国スパという形で楽しむ事が出来ると思います。夏はキャンプに行ってしまうので、なかなか来れないですが…(苦笑)

あと下の子が1歳半という事で、オムツが取れていない状況でしたが、三日月系列は「プール用オムツ」の着用をしていれば入ってもOKという事なので、ちいさなお子さんがいる方はこちらも忘れずに用意するようにしましょう。

一通り遊んだのと良い時間になってきたので、そろそろチェックインする事に。

案内された部屋に入ってみると、これまたゴージャス。目の前がオーシャンブルーです。写真とってないんですが…次回紹介予定の勝浦スパ三日月では写真をとったので、そちらで勘弁を。

夕食バイキングまで少々時間があったので、今度はお風呂・展望大浴場へ行ってみる事にします。本当にお風呂浸けですね…日頃の疲れがとれるような気がして自分はこういうのは好きですが…

展望大浴場ですが、こちらも景色とボリュームは文句無しです。露天風呂やジャグジー・サウナもあり、子供と一緒でも1時間は楽しめます。

出典:鴨川スパホテル三日月

ちなみに三日月系列のホテルには、お風呂に必ず「開運の湯」が存在します。何かというと、純金で出来たお風呂です(場所によっては銀もお風呂も有り)。

大人と子供二人で一杯になる大きさですが、こちら何と1億5千万円もするお風呂らしく、息子とお風呂をすりすり手で触りまくってしまいました。これまたゴージャス。ただここまでする必要は有ったのかと少々疑問も…

夕食

スパもお風呂も入った後、夕食はこれまたゴージャスなバイキングです。

内容でいうと、普通の旅館の夕食バイキングの1ランク上を行っている感じです。食材も豪華でステーキ・寿司・蟹など…もちろん、子供向けのキッズメニューも豊富にありました。

3連休なので人気の食材には少々行列が出来ていましたが、美味しく快適に楽しむ事が出来ました。息子は蟹が大好きらしいです。

さすがに疲れたのか、夕食バイキング途中で子供たちが眠りはじめ…部屋に撤収しました。本当は夜にイルミネーション・レーザーショーをやっているので、スパに入らず浴衣だけで見にいく予定だったのですが…今日は良く遊んだので、早めに就寝。

2日目

恒例となっておりますが、mogは温泉宿にくると朝少々早起きして朝風呂につかるという事を欠かさず行っています。朝お風呂に入る、ましてや三日月のような設備が整っている所だとものすごく幸せな感じになります。普段早起き出来ないくせに、何故でしょうか(笑)

お風呂から帰ってくると、そろそろ子供たちも起き始めたので朝食バイキングに。当然夕食程ではないですがこちらも種類が多く、またまた食べ過ぎてお腹を痛める状態に。

チェックアウトをして、近場にある「鴨川シーワールド」へ。

鴨川シーワールドへは10分程で行く事が出来るので、開園ダッシュも可能かと。

鴨川シーワールド自体は既に4回程来ていますが、結構混む時は混むので…一度第2駐車場などを案内された事もあります。鴨川シーワールドのお話をここで書くと、かなり長くなってしまうので別の機会にお話させて頂きます。

最後に

初めて三日月系列のホテル+スパを経験したのが、この鴨川スパホテル三日月です。

本当にここに行ってから、三日月にどっぷりはまっています。子供も喜ぶし、大人も癒されるしいいことだらけです。少々値段がかかるというのは有りますが、それに見合う価値はあるかと。

もしこのようなスパなどを子供と一緒に行った事がないという方、鴨川でなくてもいいので、ホテル三日月のスパを一度検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-プール&スパ, 旅行

執筆者:

関連記事

【旅行】TOWAピュアコテージ とりっくあーとぴあ&那須ハイランドパーク

【 本記事のターゲット 】 コテージに泊まりたい 那須ハイランドパークで遊びたい 今回は前回紹介した那須高原オートキャン …

【旅行】富士サファリパーク(ホテルレジーナ河口湖)餌やり体験レポ

【 本記事のターゲット 】 動物園・サファリパークを楽しみたい 景色がいいホテルに宿泊したい 遊園地も楽しみたい(雨が降 …

【旅行】家族で浜名湖パルパル&名物バイキング 遊園地と食事を100%楽しむ

【 本記事のターゲット 】 家族旅行で遊園地に行きたい 名物が入った美味しいバイキングを楽しみたい 今回は静岡県浜松市に …

関東にある広いプール&スパ 家族で行く東京サマーランド体験レポ屋内編

【 本記事のターゲット 】 家族で東京最大級のプールに行きたい 東京サマーランドで小さい子供でも遊べる施設 今回ご紹介す …

【銭湯】湯処葛西 都内最大級露天風呂 混雑具合や家族で行く際のポイント

【 本記事のターゲット 】 都内にあるスーパー銭湯(特に江戸川区付近の方向け) 広い露天風呂(都内最大級)が付いている …




管理人:mog
昔からキャンプ・旅行好き。東京都在住。現在7歳の息子と4歳の娘の2児の父。家族旅行・キャンプに奮闘中。

ブログの更新内容をメールでお知らせします。