公園・遊園地・水族館

千葉こどもの国キッズダムはテント・サンシェード持ち込み可能?芝生広場レポ

【 本記事のターゲット 】

  1. 千葉こどもの国キッズダムに行く予定がある
  2. テント・サンシェードを持ち込んでも良いか?設置場所はあるか?
  3. 現地に机や椅子、屋根付きの日よけスペースなどはあるか知りたい

今回は千葉県市原市にある「千葉こどもの国キッズダム」内にテント・サンシェードを持ち込めるか、設置場所はあるのかといった部分をご紹介します。

2020年7月、晴れの日に家族で千葉こどもの国キッズダムへ訪問してきました。

2018年にも訪問した事がある施設ですが、その時の回数券も残っていたので、せっかくなので有料施設を利用しつつ、家族で遊んでみることに。

有料施設や無料遊具に関しては別記事にてご紹介しておりますが、千葉こどもの国キッズダムのもう一つの魅力としては、広大な芝生広場があるんですよ♪

晴れた日には、ここで子供と遊んだり、またはピクニック気分でお弁当を食べたり...

そうしたい時、そういえばこの施設、テントやサンシェードなどは持ち込んでも良いのか?お弁当など飲食は持ち込んでも良いのか?といった部分が気になるかと。

という事で、実際に現地はどんな感じだったのか、今回の訪問をベースに詳しくご紹介します。これから訪問予定という方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

その他、千葉こどもの国キッズダムに関して、下記別記事にて様々な情報を纏めていますので、良ければ見てみて下さい。

千葉こどもの国キッズダム内にテント・サンシェード持ち込み可能

中央に広大な芝生広場、アルコール飲料以外の飲食物は持ち込み可能

千葉こどもの国キッズダムですが、入り口入ってまっすぐ進むと、下記のような広大な芝生広場が出現します。

今回は晴れの日に訪問したので、すごく気持ちがよかったですよ♪芝生広場もしっかり整備されていて、裸足で走れるくらいです。

このエリアで鬼ごっこをしたり、ボール遊びをしたり、縄跳びをしたり...様々な遊びをしながら遊んでいる家族、多数いらっしゃいました。

さて、では実際にこの施設、持ち込みはどんなものができるのか...

まず気になるのがお弁当・飲食物かと。こちらはアルコール飲料以外であれば、問題なく持ち込みする事が可能です。

mog家は今回クーラーボックス持参で訪問しましたが、そのまますんなり入り口を通してもらえましたよ。

また、他の家族ではカートを持ってきている人もいたので、車に積んである荷物をカートに乗せて、そのまま入り口を通過する事も可能です。

小型のテント・サンシェード持ち込み可、芝生広場の端に多数設置

では次に、今回の本題である「テント」の持ち込みに関して。

公式HPを見ても、お弁当の記述はあってもテントに関しては記述がないんですよね...

という事で、実際に現地はどんな感じだったのかご紹介。

先ほどの芝生広場の一部となりますが、上記写真の通り芝生広場の端っこに多数のテントが設置されていましたよ。

テント...というよりサンシェードですね。ワンタッチテントといったタイプになります。

参考に、逆方向も写真を撮影してみました。

上記のような感じで、ほとんどの方がレジャーシートだけではなくワンタッチテント・サンシェードを持ち込んで日陰拠点を作って楽しんでいましたよ。

もちろん、小型のテーブルや椅子なども持ち込み可能です。

日陰は少なめだが、木の下にテントを設置できる場所あり

ただ、日陰は少ないかな...といった印象はありました。

夏場だとサンシェードを使っても結構な暑さとなり、体力が消耗するものですよね。

一応中央、入り口入ってすぐの芝生広場であれば、多少日陰はあるかな...

上記の通り、奥に進んでしまうとあまり日陰がないのですが、入り口付近は木の下にテントを設置できるスペースが多くありました。

今回日曜日&晴れの日に訪問したのですが、日陰は結構場所取られていましたね...

けど、場所を選ばなければ、多分設置できるスペースはあるかなといった印象でした。

現地に机や椅子はある?数は多くないが、多少準備されている

TIPSとなりますが、現地にそもそも机や椅子など、休憩スペース&昼食スペースはあるのかどうか、併せてご紹介します。

上記の通り、数は多くないですが、所々机&椅子が設置されているスペースがありました。

ちゃんと数えていないですが、10セット前後くらいしかなかったような...けど、みなさんテント持ち込んで利用しているせいか、こちらのスペースはあまり使われていない印象を受けました。

椅子に関しても通路などに設置されていて、同じように木の下、日陰になっている箇所もありました。

こちらはレストラン前にある椅子・休憩スペースですね。

屋根付き(日陰)の机・椅子設備はある?数は少なめだが多少ある

机・椅子だけじゃなく、日陰になっている屋根付きエリアはあるのかどうかも併せてご紹介します。

上記は千葉こどもの国キッズダムの入り口入ってすぐの場所ですが、屋根付きの机&椅子コーナーが設置されていました。

あとは、上記無料の屋外アスレチックエリアに設置されていた屋根付きの机&椅子コーナーもありました。

日陰になっているので、ここで休憩できそうですね。

その他、釣り堀・サイクリングコーナーへ行く途中にも、上記の通り屋根付きエリアがありました。

あとは...

半屋内のアスレチックエリア内に大きめの椅子が多数設置されていました。

日陰エリアは大体このあたりですかね...数は多くなく、多分全部数えても10セットあるかどうか?といったくらいです。

施設内にゴミ箱・自動販売機完備、レストランもある

最後に施設内のゴミ箱の有無なども確認しておきましょう。

上記の通り、施設内の至る所にゴミ箱は完備されていました。

なので、必要以上のゴミを捨てるのはNGだと思いますが、昼食用に持ってきたお弁当や飲み物のペットボトルなどは、こちらに捨てる事が可能かと。

あと自動販売機も園内に多数ありました。価格は通常とほぼ同じくらいの値段となっていました。

レストランもあり、かき氷やアルコール飲料(ビール)なども販売されていました。昼間は大いに賑わっていましたよ♪

最後に

今回は千葉こどもの国キッズダムにて、テントの持ち込みはできるかどうか?設置エリアや日陰の場所などを現地訪問を元に詳しくご紹介しました。

これから家族で訪問予定という方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

Copyright© mogblog - family challenge - , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.