旅行

まんのう公園コテージ宿泊体験ブログ 安いのに広くて綺麗&テラスBBQ可能

【 本記事のターゲット 】

  1. 香川県にある五つ星キャンプ場「ホッ!とステイまんのう」へ行ってみたい
  2. キャビンを利用する予定、キャビンの中がどうなっているのか設備など詳細を把握しておきたい

今回は香川県まんのう公園に隣接している「ホッ!とステイまんのう」の「キャビン」にて、実際に宿泊してみた体験を元にキャビン内の様子や設備に関して詳しくご紹介してみたいと思います。

先日2019年GW10連休中に、香川県にあるまんのう公園へ家族で遊びに行ってきました♪

ちょうど1年前の2018年GWに初めて訪問したのですが...公園の広さと隣接しているキャンプ場に一目惚れ♪

まんのう公園の「ホッ!とステイまんのう」は、日本で8箇所しかない(JAC認定)五つ星キャンプ場なんですよ♪

こんなに良い施設が日本国内にあったのか...というくらいに感動して、今年も利用してみようとリピーターとなり再訪問いたしました♪

いやぁ、今年は10連休だったので、隣接しているキャンプ場のキャビンを予約しようとしたのですが...

予約開始時、ネットが集中して繋がらない...電話しても常に通話中...

これはダメか、と半分諦めていたのですが、なんとか運良く予約ページにアクセスでき、4月30日にキャビン1泊で予約する事が出来ました♪

という事で、今回はまんのう公園に隣接しているキャンプ場「ホッ!とステイまんのう」のキャビンに関して、中はどんな感じになっているのか、どのような設備が備わっているのかを現地宿泊体験を元に詳しくご紹介してみたいと思います。

これからホッ!とステイまんのうのキャビンに宿泊しに行く方 or 利用を検討しているという方は、是非本記事を参考にしていただければと思います。

ホッ!とステイまんのうのキャビン内部の様子や広さ・備え付け設備レポ

2019年GW10連休に利用、キャビンを1泊で予約・家族4人で利用♪

今回は2019年のGW10連休中にキャビンへ宿泊してきました。

ホッ!とステイまんのうはまんのう公園の中にあり、まずは下記管理棟でチェックインします。

管理棟前に臨時駐車場があるので、こちらに車をとめてチェックインしましょう。

チェックインが完了すると、ゲートを開く為のカードを渡されます。

ちょっと見にくいかもしれませんが、キャンプ場内に入るにはゲートを車で通過する必要があります。

通過する為にはチェックイン時に渡されたカードがないと入れない仕様となっていて、宿泊施設を利用していない方以外の車は入れない仕様となっています。

詳細レポ1:キャビン横に車の駐車可、鍵で玄関を閉める・入口は少々狭い

さて、チェックイン時にキャビンの場所をスタッフから教えていただけるので、その場所まで車で移動します。

キャビンは管理棟近くにあるので、30秒もあれば余裕で到着します。

上記が今回mog家が利用するキャビン、手前に番号が記載された立て札があり、その場所が駐車場となっています。

1つのキャビンに対して、1台分駐車場が確保されているのでそちらに駐車しましょう。

キャビンは通常の鍵タイプとなっており、玄関に鍵をさして回して開けましょう。

上記のような感じで、玄関は少し狭め。

靴を脱ぐだけであれば問題ない広さです。ベビーカーなどは一台であればたたんで置けるかな...

詳細レポ2:キャビン内に階段、4人掛けテーブル&椅子あり

ではキャビン内を見ていきましょう。

まず入口入って左側に進んでいくと、下記の通り階段があります。

3段程度ですが、今回mog家は下の子(娘)が5歳という状況だったので、特に問題はなかったのですが、赤ちゃん連れの方は注意する必要がありそうです。

そして、階段を降りると下記の通り4人掛けのテーブル&椅子が設置されていました。

その周辺に座るスペースもあり、今回mog家はこの部分を荷物置き場として利用しましたよ。

詳細レポ3:窓からテラスに出る事が可能。4人掛けテーブル&椅子あり

先ほどのテーブルがあるエリアの窓を開けてみると、下記の通りテラスに出る事が出来ます。

テラスには人数分の外用のスリッパが用意されており、上記写真の通り外にも4人掛けのテーブル&椅子が設置されていました。

BBQコンロなどを持ち込む事も可能で、このテラス部分でバーベキューを楽しむ事も可能ですよ♪

今回mog家はこちらにBBQコンロを持ち込んで、家族でバーベキューを楽しんでみました。

その時の様子を下記記事に纏めていますので、キャビンでBBQをしたいという方は参考に見てみて下さいね。

詳細レポ4:右奥に2段ベッド2式、柵があって子供でも落ちない

再度キャビン内に戻って、入口入って右側を見てみましょう。

上記の通り奥に二段ベッドが2式設置されていました。

上記写真、5歳の娘が一人で階段を上がっていったのですが、5歳程度であれば問題なく上り下りができる感じです。

上に登っても柵があるので、落ちる事はあまりなさそうです。

が、危ないことは危ないので、心配な方は下を利用するようにしましょう。

ちなみに人数分のシートは提供されるのですが、布団や枕は提供されず、家から持参してくる必要があります。

今回mog家はキャンプグッズの寝袋を人数分持ち込み、上記二段ベッドの上に敷いて利用しましたよ。マットも弾力性があり、快適に眠る事が出来ました♪

詳細レポ5:洗面台あり、トイレは洋式ウォシュレット

次に洗面台とトイレをご紹介。

下記洗面台ですが、入口入って右手前に設置されていました。

こちらで歯磨きなどをする事が可能ですね。

あとトイレ。この洗面台の隣にありました。

上記の通りめちゃくちゃ綺麗♪

もちろん洋式&ウォシュレットです。まるでホテルです(苦笑)

詳細レポ6:冷蔵&冷凍庫あり、食材を冷やしてテラスBBQに活用♪

次に入口入って左側、階段を降りずに手前に向かうと下記冷蔵庫が設置されていました。

冷蔵庫エリアと冷凍庫エリアがあるので、夏場暑い時期などにアイスを持ち込んで冷やしておく事も可能ですよね。

mog家はもちろん、夜のBBQ用に食材をこちらに冷やしておいて、ビールなどもキンキンに冷やしてバーベキューを楽しみましたよ♪

詳細レポ7:カセットコンロ(ガス無)、簡易鍋&フライパンセット・電気ポットあり

次に備品類をご紹介していきます。

入口入って左すぐの所に下記のような棚があります。

その中に色々備品が置かれていたのですが...まずはカセットコンロと鍋類を紹介します。

上記、箱から開けた状態&黒い布に包まれていた簡易鍋を展開したものになります。

カセットコンロはガスが無い状態なので、持参してくるか管理センターで販売しているので、使う場合は購入しておきましょう。

鍋類は大小の鍋とフライパンが入っていました。簡易的なものですが、ちょっとした料理などはこちらを使って作れそうですね。

あ、ちなみに今回mog家が失敗したのは「まな板」と「包丁」、こちらを持ってくるのを忘れており、BBQ用の食材を切る(玉ねぎとか)のに少々苦労しました...

あと電気ポットも用意されていたので、簡単に湯を沸かしてカップラーメンなどを作る事が出来ますよ♪

詳細レポ8:虫除けあり、IHヒーター&ヤカンあり

棚には下記虫除けも常設されていました。

電源を利用するタイプなので、虫がいる場合はキャビン内外(テラスにも電源あります)で利用しましょう。

あとは下記の通りIHヒーターとヤカン。

先ほどの電気ポットがあるので、今回は利用する事はありませんでしたが...

こちらを使って湯を沸かしたり調理する事も出来そうですよね。

詳細レポ9:電源コンセント多数あり

キャビン内の電源コンセントもご紹介。

とは言っても、キャビン内に多数コンセントがあったので困る事は一切なかったですね。

上記の通り、テーブル周りや階段近く...

先ほどの調理周りやベッド周り、さらに先ほど記載しましたが、外のテラスにも電源コンセントがあったので、電源には困らなかったですよ♪

詳細レポ10:キャビン利用時の注意事項、お風呂・ゴミ捨てなど

そのほか、下記の通りチェックイン時に注意事項が記載されたパンフレットを渡されたので、ご紹介しておきます。

BBQに関しては先ほどご紹介した別記事を参考にしてもらえればと。

花火は手持ちのみ、最初にご紹介した管理センター前の駐車場で利用可能です。

チェックアウトは12時までOKなので、比較的ゆっくり過ごす事が可能ですよ♪

カラオケは禁止ですね、そのほか深夜に騒いだり迷惑な行為はしないようにしましょう。

お風呂は繁忙期であれば16時〜21時(20時30分最終受付)まで利用可能です。大人が300円、小・中学生が200円で幼児は無料となっています。

お風呂に関しては、下記別記事で詳しくご紹介しておりますので、詳細を知りたいという方は参考に見てみて下さいね。

最後にゴミステーション。

こちら管理棟近くにあるのですが、キャビン内で出たゴミは必ず纏めてこちらのゴミステーションに捨てるようにしましょう。

もちろん、上記の通り分別はしっかりした上で捨てるようにしましょう。

最後に

今回はまんのう公園にある「ホッ!とステイまんのう」のキャビンの中や設備に関して、現地宿泊体験を元に詳しくご紹介しました。

いやぁ、値段は安いのに設備がめちゃくちゃ充実している♪この価格で同じようなキャビンが関東エリアにもあれば絶対利用するのになぁ...と思った次第です♪

ホッ!とステイまんのうへ初めて行かれる方、キャビンを利用したいと考えている方は是非参考にしてみて下さいね。

-旅行

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.