キャンプ

【キャンプ】那須高原オートキャンプ場&那須ハイランドパーク体験レポ

投稿日:2017年1月13日 更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 那須ハイランドパークに近いオートキャンプ場
  2. 繁忙期でも比較的予約がとりやすい

やはりキャンプは夏!その気持ちとてもよくわかります。

特に6月の梅雨の間、なかなかキャンプへ行けず、いつになったら梅雨が終わるのかとイライラした日々…

2016年も同じような形で、早くいきたくてうずうずし、梅雨の時期に先行して比較的涼しい+恒例の遊園地がセットとして遊べるよう那須高原オートキャンプ場+那須ハイランドパークというコースを組んでキャンプ実施してみました。

状況、宿泊プラン

■ 当時
2016年7月下旬
mog(父)、嫁、長男(6歳)、長女(3歳)

■ 訪問先
那須高原オートキャンプ場

■ プラン
オートサイト レギュラー電源無 + 那須ハイランドパーク フリーパス人数分

7月3連休、夏休み突入という事もあって、まさしくハイシーズンです。オートキャンプ場の値段も、電源無しで6,500円と少々高めです。ただ、やはり夏という時期に子供たちにキャンプも経験させたいので、ここは少々高くても子供たちとの思い出のためと割り切ってお金の事は気にせず楽しむ事にします。

ここのキャンプ場ですが、さすがに3連休ともなると予約でいっぱいになるのですが、比較的サイト数も多く、予約も取りやすいと思うので思いたったらまずは予約をしましょう。

mogも何度かあるのですが、キャンプに行きたいと思ったときに予約がいっぱい…..という事態が一番悲しいので。迷っていてキャンセル料が発生しない期間であればまず予約です。

到着まで

首都高+東北自動車道をひたすら上に上がっていきます。さすがに3連休ともあって首都高、さいたま周辺で若干渋滞が発生していましたが、3時間半程度で那須ハイランドパークに到着しました。

9時半過ぎに到着、本当は9時開園と同時に入りたかったのですが、少々寝坊してしまいました。。。

那須ハイランドパーク

まずは受付でチケットを購入します。乗り放題付き、ファンタジーパスセットを購入します。

大人:5,100円、子供:3,600円になります。こちらもWEBクーポンや、今回幼稚園から割引券が渡されたのでそちらを利用するなど、割引適応になる可能性が高いので、こちらもあらかじめ準備/用意しておきましょう。

パスを購入後、入場しまずは写真を1枚、実は那須ハイランドパークへくるのはこれで2回目、1回目の話は後ほど記載したいと思います。今回はキャンプがメインなので、遊園地部分は軽く記載しておきたいと思います。

那須ハイランドパークは結構ジェットコースター系が充実しており、10大コースターというものが存在します。上の子がようやく110cm超えたので、一つだけ乗りましたがさすがにその他はまだ無理でした。

ただ結構子供向けの乗り物も多く、メリーゴーランド、観覧車、バイキング船などはじめ、下記のようなバットフライヤー(こうもり宙づり)やキティちゃんの乗り物なども多数。子供でも十分楽しめる内容になっています。バットフライヤー、上の子のお気に入りで前回も並んだのですが、見て分かる通り2人しかのれず、あんまり並んでなくても結構待たされます…

 

3連休という事もあって、混んでいると踏んでいったのですが、並んだのはバットフライヤーと10大コースター(乗ったのはスピンターンコースター)くらいで、それ以外はすぐに乗る事が出来ました。そういえばブロックホッパーも何回も何回も乗ってました。あと、急流下りも結構並んでいました。

あっという間に14時になり、キャンプ場には15時過ぎに着きたかったので、まだ名残惜しいですが、14時半にここを出ました。計算では30分あればキャンプ場に着くはず…

しかし、恐ろしい事に1時間半もかかってしまいました。那須ハイランドパークから少し下った所、県道17号線がものすごく渋滞し、キャンプ場手前までまったく動きませんでした…那須はやはり観光地・避暑地・別荘として、夏の時期は人が非常に多く、ましてや3連休という事を少し甘くみていたようです。

次回来る事があれば反省を生かしたいと思います。

那須高原オートキャンプ場受付

渋滞にはまり、本当は15時過ぎに着きたかったキャンプ場…実際に着いたのは16時過ぎで、おそらくこの日私の家族が一番チェックインが遅かったのではないでしょうか。

まずは右下の管理棟で受付を行い、本日のオートサイト電源無しサイトの番号とマニュアルを渡されます。見ていただければ分かるかと思いますが、結構広く、Noを探すのも若干手間取りました。

今回のサイトは一番上のオートサイト、ペッとフリーサイトの隣になりました。

出典:那須高原オートキャンプ場

とりあえず車から荷物をおろして、暗くなる前にテント説明+夕食の準備を進めます。

テントサイトは結構広く、下記のようにタープを張っても余裕の広さがありました。地面はで、ふかふかしていて岩にあたるという事もなく寝転んでも快適でした。

ちょうど今回のサイトの目の前に有ったのですが、大きな滑り台と遊具+アスレチックがありました。また反対側には人工芝滑り台があり、そりが置かれていて自由に使う事が出来ました。

子供が夢中になって遊んでいたので、嫁に子供の相手を任せ、時間がないので速攻で設営+夕食作り(火おこし+BBQ準備)をする事に。

 

夕食、コインシャワー、花火

一通りBBQをしておなかもいっぱいになり、ここはテントサイト内で手持ち花火であればOKとの事でしたので、夏の思い出という事で花火をしました。

ただ3連休でテントサイトもいっぱい、花火は楽しいのですが、若干煙が気になる所…隣のテントサイトまで煙が結構入ってしまい、ちょっと気を使いながら花火を楽しみました。キャンプはお互い思いやりも必要なので、最低限のマナーは忘れないようにしましょう。

一通り遊んだ後、コインシャワーへ。子供たちと一緒にはいりましたが、特に不便する事なく快適に利用出来ました。もちろん、温水シャワーです。

夜も以外と静かで、唯一気になったのが、今回ペットサイトの隣という事でワンコの鳴き声が気になりました。ただ、前も記載しましたがそのようなときに耳栓が大活躍です。明らかに大騒ぎしているようならさすがに不快ですが、今回はペットが許された場所、あらかじめ分かってはいたので文句は言いません。耳栓で対応可能ですし。

ちなみに子供はそのような事は全く関係なく爆睡です。遊園地効果でしょうか。

2日目

ここはチェックアウトが12:00という事で、ものすごくゆっくり起きて朝食の準備をしました。

朝食はスパゲッティです。子供たちも好きなミートソース…事件が起こりました。

前々から登場していたプリムスガス+ヘッドで鍋で湯を沸かしてその中にミートソースの袋を入れてあたためようと思っていたのですが…

軍手の上からこの鍋の中の熱湯をぶっかけてしましました。完全にやけどです。痛くて朝食も作れず、花火用に持ってきたバケツに水をいっぱい入れて片腕をひやす始末…テンションものすごく下がりました。かなり雰囲気を悪くしたと思います…家族に申し訳なかったです。

という事にもなるので、くれぐれも怪我には注意しましょう。やけどもそうですが、やはりアウトドア、何があるか分かりません。最低限、薬箱などは必ず準備して持っていくようにしましょう。

最後に

今回那須ハイランドパークとオートテントサイトの組み合わせてコースを組んでみました。場所が少々離れている(冬場は遊園地営業していません)のと、渋滞には注意したい所ですが、それ以外は非常に楽しめる内容でした。

一通りキャンプグッズと少々の経験があれば今回のコースが実現できると思うので、たまには少し遠出してアウトドアライフ+遊園地を堪能してみてはいかがでしょうか。一つの案として検討してみてください。

ちなみに那須ハイランドパークはこれで2回目となり、1回目はコテージに宿泊しました。せっかくなので、次回はコテージ泊のことをお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

-キャンプ

執筆者:

関連記事

【キャンプ】キャンピカ富士ぐりんぱ 遊園地&オートテントサイト体験レポ

【 本記事のターゲット 】 富士山周辺でキャンプをしたい キャンプ初心者、設備が整っている所がいい 遊園地など小さな子供 …

【キャンプ】PICA富士吉田オートテントサイト体験レポ 富士急も近くて便利

【 本記事のターゲット 】 富士急ハイランドの近くにあるオートキャンプ場 設備が整っている(炊事場、お風呂、ごみ処理等) …

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場体験ブログ 広大なフリーサイトが魅力

【 本記事のターゲット 】 サイト数が多く予約が取れやすいオートキャンプ場 富士山が見えるところ 富士急ハイランドや富士 …

【キャンプ】相模湖プレジャーフォレスト セットアップテントサイト 家族で初キャンプ♪

【 本記事のターゲット 】 家族で初めてキャンプに行きたい キャンプをする為の装備をほとんどもっていない 遊園地など子供 …

【キャンプ】相模湖プレジャーフォレスト 3家族合同キャンプ&ピカソのタマゴ

【 本記事のターゲット 】 キャンプグッズをもっていなくてもキャンプが出来る アスレチックなどが豊富で子供が喜ぶ 温泉が …




管理人:mog
昔からキャンプ・旅行好き。東京都在住。現在8歳の息子と4歳の娘の2児の父。家族旅行・キャンプに奮闘中。

ブログの更新内容をメールでお知らせします。