公園・遊園地・水族館

石垣島「米原ヤエヤマヤシ群落」体験ブログ。駐車場・さとうきびジュース・所要時間など解説

2023年8月27日

【 本記事のターゲット 】

  1. 沖縄・石垣島へ旅行する予定
  2. 観光名所「米原ヤエヤマヤシ群落」が気になる。行ったことがある人の体験談を聞きたい

今回は沖縄・石垣島の観光名所「米原ヤエヤマヤシ群落」をご紹介します。

2023年7月下旬、家族で沖縄・石垣島へ旅行に行ってきました。

旅行2日目、レンタカーを借りていたので、せっかくなので石垣島を車でぐるっと一周してみることに。

所々観光名所に立ち寄って楽しんでいこうかなといった所で、石垣島の中では北の方にある「米原ヤエヤマヤシ群落」に行ってきました。

レンタカーでサクッと立ち寄ったのですが、実際に現地はどんな感じなのか。駐車場や売店・トイレ、散策における所要時間はどのくらいか気になる人もいるかと。

そんな方向けに、今回実際に米原ヤエヤマヤシ群落へ訪問して観光してきた体験談を写真付きで詳しくご紹介します。

これから石垣島へ訪問予定・米原ヤエヤマヤシ群落へ行く予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

また石垣島に関するその他の情報・アクティビティ一覧に関して、下記別記事にてご紹介しておりますので、興味がある記事あればあわせて見てみて下さい。

石垣島にある観光名所「米原ヤエヤマヤシ群落」体験ブログ。繁忙期の駐車場混雑状況、売店のさとうきびジュースは美味しい?現地所要時間は何分?

繁忙期に米原ヤエヤマヤシ群落訪問。駐車場スペース&混雑状況は?

先ほども記載ましたが、2023年7月下旬・夏休み開始の翌週という超繁忙期に石垣島へ訪問してきました。

行きの飛行機も満席状態となっていて、ガイドさんにも聞いたのですが、この時期はホテル旅館はもちろんレストラン・居酒屋も全部いっぱいなんだとか...

そんな中、今回ご紹介する米原ヤエヤマヤシ群落へレンタカーで訪問してきました。

ナビをセット&車道にある案内板を見ておけば、おそらく辿り着けるはず...mog自身、一度見逃して通り過ぎてしまったのは内緒(汗)

現地に到着すると、無料の駐車スペースが設けられているので、そこに車をとめましょう。

駐車スペースとしては上記トイレ側に5台と...

売店側に6台かな。合計で10台ちょっと駐車できるようになっていました。

12時過ぎに訪問したのですが、上記の通りmog家含めて8台車が停まっていたので、繁忙期だともしかしたら満車になる可能性もあるかもです。

ちなみに、駐車場の横に上記売店がありました。こちらでは各種ジュースが飲めるのですが、それは後ほど...

海側を見ると、なんとも良い景色。ジブリ映画とかに出てきそうな光景ですよね。

上記道を車で山側に上がってきた感じです。

米原ヤエヤマヤシ群落の散策路に入ってみる。出入り自由

では早速米原ヤエヤマヤシ群落の散策路に入ってみましょう。

上記の通り、出入りは自由となっていました。

上記ちょっと見えづらいですが...中央の道は通行止めになっていたので、駐車場から左側の散策路に入って左奥にある「ヤエヤマヤシ」を目指します。

散策路ですが、上記のような階段があったり、土の通路だったり、木道だったりします。

希少な動植物・天然記念物、歩道外は立ち入り禁止。亀・トカゲに遭遇

中を進んでいくと、下記のような看板がありました。

こちらの米原ヤエヤマヤシ群落ですが、希少な動植物がいる&天然記念物保護のため、ロープ内や歩道の外は立ち入り禁止となっています。

植物だと「ギランイヌビワ」、動物だと「米原イシガキニイニイ」などが生息しているようなのですが...

うーん、今回は見かけることが出来ませんでした。

その代わりと言ってはあれですが、亀さんに遭遇しました。

ゆっくりゆっくり歩いていましたよ。

あとはトカゲさん。その他、動物に出会うことは出来ませんでした。

もう少し粘れば色々見えたのかな...

奥は木道&行き止まり。国指定天然記念物「ヤエヤマヤシ」鑑賞。散策所要時間は15分

さらに奥に進んでいくと...お、木道で綺麗に作られているエリアに出ました。

上記のような感じ。さらに進んでいくと...

上記の通り行き止まりになっていました。

看板が設置されていて、ヤエヤマヤシに関する説明が記載されていました。

ヤエヤマヤシを鑑賞しようと、この木道から空を見上げると...

上記の通り、立派なヤエヤマヤシを鑑賞することが出来ましたよ。

が、素人には一般のやヤシの木との違いがいまいち分からない...汗

とりあえず一通り見終わったので、入り口までUターン。かかった所要時間としては15分ほど。

サクッと見れば10分で終わるくらい、そんなに散策路は長くないです。

売店でさとうきびジュースを体験。甘いが独特な味・好みが分かれる

散策を終えた後、気温も高かったので休憩がてら売店でジュースを飲んでみようということに。

上記お店ですね。こちらで色んな生ジュースが販売されています。

メニューとしては下記の通り。

  • さとうきび生ジュース:小300円、大500円
  • パイン生ジュース:500円
  • カニステル&さとうきび生ジュース:500円
  • ゴーヤ生ジュース:500円
  • マンゴー生ジュース:1000円
  • Bブレッド:500円
  • ゴールドバレル:500円

あとは売店に塩・海水塩などが販売されていました。

上記のような感じ。

mog家はさとうきび生ジュース大(500円)とパイン生ジュース(500円)を注文し、家族4人でシェアしながら飲むことに。

机と椅子が売店前にセットされているので、座ってゆっくり飲むことが出来ます。

まず、さとうきび生ジュース大が下記になります。

まぁまぁ大きい。そして一口飲んでみました。甘い、これは甘すぎる...そして独特な味わい。

mog家の子供たちは一口飲んで速攻ギブアップ。mog自身も数口頂きましたが、ちょっとゴクっと飲める感じではなさそう...

妻は普通に飲んでましたが、さとうきびジュース大を注文するのはちょっと危険かも。一人で飲む場合は小の方が良いかもです。

次にパイン生ジュースは下記のような感じ。

こちらも濃厚で甘いジュースとなっていました。サイズはさとうきび生ジュース大とほぼ同じですね。

こちらは普通に美味しく飲めました。mogも子供達もごくごくと飲んで速攻で空になってしまいました。

さとうきびジュースは妻しか飲む人がいなくなり、しばらく車の中で残り続けました...

最後に

今回は石垣島の観光名所「米原ヤエヤマヤシ群落」をご紹介しました。

これから石垣島へ訪問予定・米原ヤエヤマヤシ群落が気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。