旅行

レゴランドホテル宿泊♪部屋の設備・間取り・アメニティ現地体験レポ

投稿日:2019年1月14日 更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 愛知県名古屋市にあるレゴランド・ジャパンへ行ってみたい
  2. 泊まりで行きたい、レゴランド・ジャパン・ホテルに泊まりたい
  3. チェックインの流れから部屋の詳細・アメニティなどを知っておきたい

今回は愛知県名古屋市にあるレジャー施設「レゴランド・ジャパン」に隣接しているホテル「レゴランド・ジャパン・ホテル」に関して、チェックインから客室の間取りやアメニティなどを現地訪問を元に詳しくご紹介します。

先日2019年1月の土日でレゴランドジャパンホテルへ宿泊してきました♪

年始という事もあり、結構人も多かったのですが...レゴの世界観満載でとても良いホテルでしたよ♪まぁあえていうなら温泉・大浴場が欲しいところですが...日本仕様ではないので仕方がないかと(苦笑)。

実際にmog自身訪問するまで、客室ってどんな感じなんだろうとか、アメニティは揃っているのかなど、色々不安要素もあったので、今回客室に実際に泊まった際の状況を元に詳しくご紹介したいと思います。

これから家族でレゴランドホテルへ旅行へ行きたいという方は参考にしてみてくださいね。

ちなみに別記事にて、レゴランド内で子供が遊べる施設をまとめた記事も用意しておりますので、よければ下記記事もご覧ください。

また別途駐車場からホテルまでの距離・アクセスを知りたいという方は下記記事を見てみてくださいね。

目次

16時前からチェックイン可能?手続きの流れ&WiFiは無料で利用可能

チェックインは16時から、早く到着したので15時30分にチェックイン

今回2019年1月5日(土)に訪問したのですが...

こちらのホテルはチェックインが16時と決まっているのですが、15時過ぎとちょっと早めに現地に到着しました。

入り口にあったレゴで20分ほど子供たちを遊ばせていたのですが、ちょっとダメ元で15時30分くらいを目処にチェックインできないかスタッフの方に聞いてみる事に...

チェックインはホテル入って左手に下記レセプションが設けられているので、こちらのスタッフへ話してみると...

16時前でも問題なくチェックインする事が出来ました♪

下記用紙を提示され、必要な情報を手書きで記載していきます。

もし早めに到着した場合は、一度スタッフの方に相談してみましょう。

決まりは16時なので、ダメなら諦めて入り口のレゴで子供たちを遊ばせましょう。もしくはそのまま2Fに行ってキッズプレイエリアを利用しても良いかと。

朝食バイキングの時間帯を選択するが...9時30分〜しか空いていない状況

チェックイン時に、朝食バイキングの時間帯に関して案内があったのですが...年始だったからでしょうか。既に9時30分〜10時30分の間しか空いていないと言われ、仕方がなくこちらを選択しました。

他の方のレポなどでは、7時30分から1時間置きに時間が設定されていて選ぶ事が出来たという記事があったのですが...

混雑時は選択出来ない場合もあるようですのでご注意を...

子供はエントランスのレゴエリアで遊べるので二手に分かれると楽

こういった手続きは微妙に時間がかかるものなのですが...入り口付近に下記のような遊びエリアが設けられていたので、子供たちがぐずりだすという事はなかったです。

レゴで遊んだり、ブーブークッションがあるので、その上に乗るとオナラの音がなったりと...子供が好きそうな仕掛けが満載♪

チェックイン担当と子供担当の二手に分かれると楽ですよ♪

ルームキーは2枚渡される。常に携帯しておくようにしよう

チェックイン時に下記のようなルームキーを2枚渡されます。

後ほど記載しますが、エレベーターを利用するにはまずこのルームキーがないと動かす事が出来ないので...部屋を出て荷物を取りに行ったり買い出しに行く際は必ず携帯するようにしましょう。

嫁さんが一度荷物を取りに駐車場まで行ったのですが...ルームキーを忘れてフロントまで迎えに行かないといけないという事態が発生しましたので(苦笑)。

ホテル内は全て無料WiFiが利用可。メールアドレス・Facebookアカウント必要

レゴランド・ジャパン・ホテルでは客室含めホテル内は全て無料WiFiが利用可能となっていました。

上記の通り、パスワードがかかっていないSSIDが飛んでいるので、そちらをタップすればスマホでもタブレットでも、パソコンでもインターネットを楽しむ事が可能ですよ♪

一応つなぎ方は部屋に下記紙が置かれていたのでこちらを参考に。

SNSでの認証か、メールアドレスを使った登録で利用可能となります。

今回メールアドレスとパスワードを登録して利用したのですが、特に不自由なく利用する事が出来ましたよ。

エレベーターを動かすにはルームキーが必要&子供は大はしゃぎ♪

客室は3Fから8Fになるので、1Fのエレベーターを使って客室まで上がる形になります。

エレベーターは6機?だったかな...複数用意されているので、エレベーターで待つという事はありませんでした。

今回は最上階のフレンズキングダムの客室だったので、8Fまであがります。

上記エレベーターですが、地面も壁もレゴ♪なんだか3Dに見えませんか?

こちらに入って行き際ボタンを押すのですが...それだけだとエレベーターは動きません。カードキーをかざす機械が付いているので、先ほどのルームキーをかざして行き際ボタンを押して上がって行きます。

が...ここでmog家の子供たちは毎回大はしゃぎ♪その理由が下記(スマホ等で動画が正常に再生されない方は、ページトップの「完全版を表示する」をタップして見てください。)

 

わかりますでしょうか?昔のディスコ?みたいにくるくる光るボールが回りだして、上記動画には音が付いていないのですが音楽が流れ出すんですよ♪

mog家の子供は毎回このシーンになる度にジャンプしたり踊ったりしていました。

8Fに到着し、廊下を見渡して見た感じが下記。

周りは全てレゴですね♪扉もレゴのマークとお城みたいな作りになっていました。

他の階を詳しく見ていないので不明ですが、各階ごとにイメージが異なっているようなので、それはそれで色々楽しめそうですね♪

レゴランドホテル客室レポ。間取り・アメニティ・冷蔵庫や風呂などの詳細

ルームキーを差さないと通電しない、エアコンあり・空気清浄機や加湿器無し

という事で、今回は最上階フレンズキングダムの客室をベースに客室内の詳細をご紹介していきます。

まず部屋に入ると真っ暗...横にカードキーを挿入する部分があるので、そちらに一枚カードキーを挿入しましょう。電気が付きます。

部屋には空調もちゃんと付いていました。温度もコントロールできるので、暑かったり寒かったりした際はこちらで調整しましょう。

ちなみに空気清浄機や加湿器などは付いていませんでした。

部屋の間取り:子供部屋と大人部屋が分かれていて、間にトイレ・バスルーム

次に部屋の間取りをご紹介。入り口入って奥から写真を撮影して見た感じが下記。

一番左奥が子供部屋、真ん中がバスルーム、手前が大人部屋になっています。

扉がない感じで2部屋あるような感じ。ちょっとわかりにくいので図にしてみると下記のような感じでしょうか。

ちょっとした賃貸マンションみたいな作りになっていました。

昔確か聞いた事があるのですが...オーストラリアに住んでいた方が「海外は子供と一緒に寝る風習がない」と言っていました。調べたところ、アメリカやイギリスでもそうらしいですね。

という事で、レゴランドホテルも子供と大人は別部屋の作りにしているという事なんでしょう。

部屋アメニティレポ1:ゴミ箱・ティッシュ・スリッパ・ハンガーなど

では一般的な部屋のアメニティに関してご紹介していきます。

部屋には下記のとおりゴミバゴとティッシュが置かれていました。

あと部屋の中で利用するスリッパも人数分用意されていました。子供にはちゃんと子供用の小さいスリッパが用意されていました。

部屋の中央付近にハンガーがたくさん用意されていたので、上着やズボンなどはこちらにかけておいておく事が可能です。

部屋アメニティレポ2:無料ドリンク・有料ドリンク・電気ポットやコップあり

次に飲み物をご紹介。まず人数分の500mlの水がペットボトルで用意されていました。これは微妙に嬉しい♪

あとは人数分のコップとコーヒーやお茶系が置かれていました。

ちょっと写真に写っていないですが、隣に電気ポットもあるのでお湯を沸かす事も可能ですよ♪

一応部屋に置かれていた飲み物の一覧が下記。

レゴ独自のホットココアなども置かれていましたね♪

部屋には有料ドリンクなどの案内はなく、部屋を出てエレベーターの近くに下記自販機が設置されていました。

値段は...まぁホテル価格ですね。500mlのペットボトルが220円という価格設定になっていました。

アルコール類の販売はありませんでした...mog家は駅近くのコンビニまで買い出しに行きましたよ。

持ち込みは特に制限されていないので、家からビールを持ってくるのも良いかと。

部屋アメニティレポ3:冷蔵庫・氷の有無・金庫・浴衣など

部屋の中には下記の通り、空の冷蔵庫が用意されていました。

持ち込んだ飲み物などはこちらで冷やしておきましょう。

ちなみに氷が欲しいという方は、こちらもエレベーター近くに製氷機が置かれているので、こちらを利用するようにしましょう。

あと貴重品などを保管しておきたいという方は金庫も用意されていました。

鍵ではなく、番号でロックするタイプになります。

あとは着替え・浴衣ですね。大人用と子供用で人数分用意されていました。

ただ、他の旅館と違ってここはレゴランドホテル、浴衣のまま部屋の外に出る事は禁止されていました。

一応部屋内に注意事項が記載された用意が置かれていますので下記に掲載しておきますね。

ここに浴衣とスリッパは部屋内のみで利用するように記載されていました。客室内の水は無料とも記載されていますね。

子供部屋レポ:二段ベッド&テレビ&レゴあり。大人が寝るにはちょっと狭い...

ではここからは子供部屋に関してご紹介。

子供部屋は二段ベッドになっていて、下記のような作りになっていました。レゴの世界観満載ですね。壁もベッドも布団も全てレゴ仕様です♪

そして...どちらが上で寝るかどうか、子供たちの争奪戦が始まります。が、上は小さい子供は危ないという事で、5歳児の娘は下で寝る事に...上は9歳の息子ですね。

で、実は夜中娘が起きてお母さんと寝たいという事になったので、こちらのスペースにmogが途中から寝たのですが...まぁ狭い(苦笑)。寝返りが出来ないレベルです。

170cmのmogが寝転がっても頭と足はちゃんとおさまったのですが...なかなか寝れなかったですね。

あと隣部屋の音などは全く聞こえなかったのですが...廊下の音は結構聞こえました。大人部屋までは音はしないですが、子供部屋のこの二段ベッドで寝ていると結構気になります。

そしてもう一つ、二段ベッドの下には柵が付いていないので、子供の寝相が悪いと下に落ちてしまう危険性が...一応余ったクッションなどを下に敷いて安全にした状態で子供たちを寝かしつけました。

あと子供部屋には下記の通り、ベッドの目の前にテレビが付いています。

別記事でご紹介していますが、本来有料のレゴムービーが泊まっている間は無料で見放題なので、二段ベッドからレゴムービーを子供たちで楽しく見ていましたよ♪

あとはこのテレビの下に付いていたレゴ♪

こちらでも少しの間だけですが遊んでいました。まぁレゴの数が少ないので、レゴでがっつり遊びたいなら2Fにあるキッズ・プレイ・エリアで遊んだ方が良いかと。

TIPS:子供部屋にあるトレジャー・ボックスにチャレンジしてみよう♪

あと子供部屋には下記の通りトレジャー・ボックスが設置されていました。

鍵がかかっていて、4桁の暗証番号を導き出さないと中に入っているおもちゃがゲット出来ないという仕様のようです。

今回mog家が宿泊した部屋だと、5-12歳向けのレゴグッズがそれぞれ一つずつ入っていましたよ♪内容は部屋や時期によって変わるようです。

謎解きは下記のような感じで、部屋に用紙が一枚置かれていました。

微妙に難しい...苦笑。難しいというか、判断が出来ないものが何個かありましたね。この模様は含めるのかどうかといった感じ。

地面には下記の通りコインが散らばっているので、この中から「LEGO」と書かれているコインが何枚あるのか...といった感じですね。

これだけでも10分以上は楽しめると思うので、子供と一緒に楽しんでおもちゃをゲットしてみましょう♪

大人部屋レポ:レゴ仕様部屋&ダブルベッド、机と椅子が2脚&お酒で乾杯♪

次に大人部屋の詳細です。

こちらもレゴ世界観満載の部屋になっていて、下記の通り...ダブルベッドです。まじか...苦笑。

部屋にはいたるところにレゴで作られたモニュメントが置かれていました。

電話もレゴ仕様...

メモ用紙もレゴ仕様になっていました。

一応デジタル時計が置かれていましたね。アラーム設定などもできるようになっていました。

大人部屋の窓からはレゴランドを一望する事が出来ましたよ♪下記のような感じ。

あとは大人部屋には子供部屋よりも大きいテレビが設置されていました。

ちなみに子供部屋でレゴムービーをずっと流していたのですが...部屋の作りでしょうか、ドアなどがなくてもほとんど子供部屋のテレビの音は気にならなかったですね。

電源周りレポ。大人部屋には多数電源コンセントあり。USB給電も♪

子供部屋にも少しだけ電源コンセントがありましたが、基本電源周りは大人部屋に集中していました。

机の上には通常の電源以外に他の形状のコンセント形状(海外仕様)も用意されていました。

ベッドの両端には下記のよおり、コンセント以外にUSB給電が出来るポートも用意されていました。

旅館やホテルで電源が少なくて困る...という事もあると思いますが、レゴランドホテルには電源がたくさん付いているのでそのような心配は不要です。

バスルームレポ1:ユニットバス、トイレは様式ウォシュレット付き♪

ではここからはバスルーム・トイレ・洗面台などアメニティ含めてご紹介していきます。

先ほどの部屋の間取りの中央に、下記の通りドア付きでバスルーム・トイレが用意されていました。

ユニットバスなので、トイレとバスルームは同じ部屋となっています。トイレはウォシュレット付きの様式タイプなので、子供でも安心して利用する事が出来ましたよ。

バスルームレポ2:タオルや歯ブラシ・シャンプー&ボディーソープ・ドライヤーあり

タオルはバスタオル・フェイスタオル共に人数分用意されていました。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ローションなどはチューブ型タイプで各2セット用意、歯ブラシは人数分用意されていました。

その他くしや髭剃りなどもありましたね。

量は全く問題ないですね。チューブ1本でも使い切れないくらい。ボディースポンジがなかったので、ゴシゴシ体を洗いたいという方は家から持ってきた方が良いかも。

歯ブラシは下記の通り、大人と子供向けで内容が分かれていました。

歯磨き粉も子供タイプは美味しい?いちごタイプとなっていましたね。

洗面台は下記の通り。目の前は鏡になっていて、コップが4つ置かれていました。

石鹸もあったのですが、これ開けてみると...

何と、レゴの形になっているではないですか。なんだかもったいなくて使えない(苦笑)。

あとはドライヤーもちゃんと用意されていました。

バスルームレポ3:ユニットバス、子供と一緒に二人で入るには問題ない大きさ

バスルーム内ですが、ユニットバスなので狭いかな...と思っていましたが、結構広かったですよ。

一人だと十分すぎるくらい...今回mogと娘、嫁さんと息子という感じで入ったのですが、大人と子供一人ずつであれば一緒に入っても全然入れるくらいの大きさでした。

湯船もためれるので、冬の寒い時期でもポカポカになるまでお風呂に浸かる事が出来ました。けど...日本人としてはやはり大浴場に入りたい(苦笑)。

チェックアウト時は手続不要、エクスプレスチェックアウトサービスあり

ホテルのチェックアウトですが、11時まで滞在する事が可能なのですが、朝起きると下記用紙が入り口ドアの下に挟まっていました。

こちらの用紙に名前と部屋番号を記載しておけば、チェックアウトの手続きは不要で出発出来るというもの。

がしかし...今回mog家はこれを利用したのですが、ボックスがどこにあるのかわからず...苦笑。結局チェックインしたカウンター・スタッフへこの用紙とルームキーを渡しました。

けど手続きは一切ないので、チェックアウト時は待ち時間などは一切なくスムーズでしたよ。

手荷物預かりサービス、レゴランドジャパンへ行っても閉園まで預かり可能

今回mog家はホテルチェックアウト後、レゴランド・ジャパンで遊んで帰るという予定にしていたため、着替えなどが入ったキャリーバッグが邪魔...

という事で、ホテルの手荷物預かりサービスを利用しました。9時過ぎになると、下記の通りホテル入り口に手荷物預かりカウンターが設置されます。

もしこちらにまだコーナーがなくても、チェックインのカウンターにいるスタッフにいれば利用可能です。

実はmog自身、9時過ぎに手荷物を預けにいったのですが、まだコーナーが出来ておらず...チェックインカウンターで手続きをしました。

荷物を渡すと下記引換券を渡されますので、荷物を受け取りたい時はこちらを提示しましょう。

今回チェックアウト後、17時過ぎまでレゴランド・ジャパンで遊んでいましたが、17時過ぎまで荷物を無料で預かってくれましたよ♪

TIPS:現金が必要になったらATMを利用。ホテル目の前にATMコーナーあり

何かと旅行や遊園地では現金が必要...あれ?財布の中にお金がないとなった時は、ホテル前にあるATM(レゴランド・ジャパンの入場券売り場の右隣)を利用しましょう。

セブン銀行と三井住友銀行のATMが設置されていましたよ。

最後に

今回はレゴランド・ジャパン・ホテルの客室設備を中心に、他情報なども含めて諸々ご紹介しました。

レゴランド・ジャパン・ホテルのHPって見てもちょっと情報が不足していたりわからない部分が多かったので...

これから家族でレゴランドホテルに泊まりに行く・もしくは行きたいという方は、本記事が参考になれば幸いです。

-旅行

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.